ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

お客さまの想いを察し知恵を絞り、
期待に応えるインフラを具現化。
産業・流通システム事業部
第1ソリューション本部 第3部 技師(主任)
2005年入社 情報システム工学科
西村 俊介
Shunsuke Nishimura
お客さまの想いを察し知恵を絞り、
期待に応えるインフラを具現化。
産業・流通システム事業部
第1ソリューション本部 第3部 技師(主任)
2005年入社 情報システム工学科
西村 俊介
Shunsuke Nishimura

多くの人と接することに魅力を感じてエンジニアに

お客さまの要望を聞き、ニーズに合わせてシステム基盤(インフラ)を設計・構築する。私が所属する部署では、産業・流通業のお客さまを対象に、主に外販事業を行っています。

私は高校時代、趣味でWeb制作を手がけ、パソコンを使ったプログラミング作業だけで自分の思った通りの画面ができて動くことに感動し、情報システム系の学部に進学して就職もシステム会社を志望しました。

この会社に興味を持ったのは、ある就活関連の本でメーカー系の大きなシステム会社の説明が並ぶ中、他の大手企業と同じ扱いで紹介されていたのを見たのがきっかけでした。当時は意識していなかったのですが、大きな会社より自分の力が発揮しやすいのではないかと感じて、この会社に興味を持ち、入社を決めたように思います。

配属前の面談でプログラム開発とシステムエンジニアのどちらを希望するかを聞かれたとき、システムエンジニアを選びました。外に出てお客さまとやりとりすることが多いと説明されたのが理由で、自分にとっては良い選択だったと感じています。

お客さまから名前で呼ばれ、頼りにされるやり甲斐

私たちの部署では中小・中堅企業の比較的小さな規模のインフラ構築を担うことが多くあり、その分「西村さん」と名前で呼ばれて頼りにされます。そうした、お客さまと一体になってシステムの設計・構築ができるところにやり甲斐を感じています。

日立グループの一員として大勢のエンジニアとともに大規模なシステムの構築に加わることもあり、その特別な醍醐味も知っていますが、どうも私には中小規模のプロジェクトの方が性に合っているようです。

常に心がけているのは「お客さまの想いを察すること」。インフラエンジニアはアプリケーションの開発は行わず、機器の構成によりさまざまなソフトウェアを組み合わせてシステムを構築します。

ソフトウェアの仕様次第でお客さまが望んでも無理なことが出てくるのですが、単純に「仕様なのでできません」とは答えたくない。相手の気持ちを察し、何とか実現してあげたいんですよね。知恵を絞るしかなく、手間もかかりますが、その結果お客さまに喜んでいただければ苦労も吹き飛ぶものです。

クラウドサービスの知識も磨き、対応力を広げる

これまで私たちが主としてやってきたのは、日立が強みとするストレージを中心に、お客さまの個別ニーズに合わせてインフラを構築することでした。

しかし最近は、中小・中堅企業にもクラウドサービスの導入が広がり始めており、我々も対応を急がなければならないと考えています。

クラウドサービスの利用においては、自社の業務特性に合わない部分を個別にカスタマイズすることが難しく、使ってみて初めて問題が生じることがあります。お客さまがそこに感じる不安を解消していくことが、私たちシステムエンジニアが担っていかなければならない当面の役目だと考えています。

まずは、クラウドサービスがどのような技術で構成されているかを知り、新たな技術もキャッチアップして知識を増やす。そうしてクラウドの利用を望むお客さまへの対応力を身につけ、どのようなニーズにも応えられるようになることが当面の目標です。

1週間のスケジュール

月曜 午前中はお客さま先で打ち合わせ。午後は会社で設計作業。
火曜 午前中?昼過ぎまで設計作業の続きを行い、夕方からお客さま先で打ち合わせを行い直帰。
水曜 この日は一日中、お客さま先で構築作業に専念。
木曜 お客さま先に直行して構築作業の続きを進め、16:00に帰社。見積りの作成で残業して20:00に退社。
金曜 午前中はお客さま先で打ち合わせ。新たなシステムの導入について相談を受ける。午後は会社で設計作業を行い、18:30の退社後はチームの仲間と飲みに行く。

学生の皆さんへのメッセージ

システム業界で会社選びを進めている方にとって、気になることのひとつは「入社して長く働き続けられる会社なのか」ではないでしょうか。自分のことだけで言えば、私の同期は入社から10年以上経っても9割が今もこの会社で働いていますので、日立ソリューションズ・クリエイトは長く働き続けられる会社だと思います。