ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

黙々とシステムを開発するだけでなく、
他者と調整を図りながら業務を進める醍醐味
産業・流通システム事業部
中部ソリューション本部 第2部
2015年入社 経済学科
大倉 桃子
Okura Momoko
黙々とシステムを開発するだけでなく、
他者と調整を図りながら業務を進める醍醐味
産業・流通システム事業部
中部ソリューション本部 第2部
2015年入社 経済学科
大倉 桃子
Okura Momoko

自分のプログラムでアプリケーションが動く感動

私は入社以来、一貫して電力会社の電力メーター制御管理システムの業務に携わってきました。1年目に行ったのはアプリケーション開発です。このシステムには、通信経路の情報や機器の位置をプロットする地図があるのですが、私はその地図表示機能の開発を担当しました。入社後行われる研修でみっちり習ったJAVAのスキルを活かして業務に当たり、自分が書いたプログラムでアプリケーションが動くのを初めて目にした時は、本当に感動しましたね。
2年目からは同じシステムの維持保守業務を担当。維持保守という言葉から、エラー発生時など何かあったときに作業が発生するのかと考えていましたが、実際には、データベース内のひとつのテーブルに何%の空きがあるかを表示する機能の追加など、システムの仕様変更業務にも従事します。毎月何かしら仕様の変更があるので、慌ただしくも充実した日々を送っています。

他社と協働しながら進める難しさと面白さ

担当している電力メーター制御管理システムは、別会社が運用しているシステムと連携して稼動しています。連携部分の仕様変更の際に別会社との調整役を任されたことがあります。ヒアリングシートを作成して別会社に回答してもらい、それを元に仕様変更内容をまとめてチームリーダーに提出。OKがもらえればリリースに向けて作業を進めていきます。
ただ、別会社の回答は想定と異なる場合も多く、詳細を詰めていくのに苦労しました。当初は細かい内容を逐一聞いていたので、先方にも迷惑をおかけしたと思います。最近ではようやく相手の状況を考える余裕が生まれ、業務の妨げにならないよう、事前に内容をまとめて聞けるようになってきました。この調整役の業務を通じ、SEはただ手を動かせばいいわけではなく、コミュニケーション能力が非常に問われるのだとわかりました。

円滑に業務が進められる風通しのいい社風

当社は和気あいあいとしているのが魅力のひとつです。役員の方も現場の社員にフランクに話しかけてくれるなど、正直、入社当初はこれでいいのかと戸惑いを覚えた程です。そういう文化は隅々にまで浸透していて、上司や先輩に何でも聞ける雰囲気があります。
時には先輩に業務を手伝ってもらうこともありますが、「理由をしっかり伝えないと人は動かない」と先輩に教わったので、「期限までにこれだけの業務があって間に合いそうにありません」と、しっかり理由を伝えるようにしています。他の会社で働く友人からは「そこまで真剣に向き合ってくれる先輩がいてうらやましい」と言われますね。私にも後輩ができたので、自分がしてもらったように、後輩に真剣に向き合いたいと思っています。
今後も社内外の人たちと良好な関係を保ちながら、現在携わっているソフトに関する専門性を高め、「このソフトのことなら大倉さんに聞けば何でも分かる」という存在になりたいですね。

1週間のスケジュール

月曜 ヒアリングシートを元に、取引先と打ち合わせ
火曜 設計書を修正、手順書を作成開始
水曜 資材の作成、リリース準備のため、本番環境をさわるためのチェッカーをアサイン
木曜 テスト用環境にリリースしてテストを実施。その結果をマネージャーに確認してもらう
金曜 本番環境にてリリース

学生の皆さんへのメッセージ

文系出身の人でも安心して働けるので、興味がある人はぜひ受けてほしいですね。この仕事は技術的なことも大事ですが、人と調整するスキルのほうがもっと大事なんです。知識は入ってからでも充分身につけることができます。文系、理系関係なく、お客さまのシステムを検討し、自分の頭で考えて「こうした方が良い」と判断するスキルが必要です。そうやって物事を考えることが好きな人は、当社に向いていると思います。

オフの過ごし方

実家が静岡なので、休みの日はよく帰省しています。また最近、韓国アイドルにはまっていて、コンサートを観に東京へ行ったりする他、大学時代の友人や祖父母のいる大阪へも遊びに行ったります。しょっちゅう新幹線で移動しているのでお金はかかりますが、それが気にならないくらいのお給料はもらえていますよ。普段は仕事を頑張り、週末はしっかり遊ぶというメリハリがあって、充足した毎日です。