ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

日立ソリューションズ・クリエイトの社員教育について

新人教育

新入社員導入研修

ビジネスマナーなどの社会人基礎から設計・開発・プログラミングまで、3ヵ月かけて、じっくりと学びます。協力しながらプロジェクトを遂行するグループワークなどもあり、同じ研修を受ける同期入社の同僚とは、この先も長く、つきあっていくことになるでしょう。

また、日立グループの研修を担当する専門企業が研修全体をバックアップするので、まったく何の予備知識がなくとも、日立グループが蓄積してきた専門知識を、入社後すぐに、身につけることができます。

研修員指導制度(OJT制度)

配属後、2年間は新人1名に対し担当指導員1名がつき、日常業務を通じて育成をはかります。育成の合間には「ケア面談」「新人フォロー研修」を実施。キャリア育成の課題を早期に把握するとともに、不安の解消・モチベーションの向上をはかります。

技術教育

日立グループ内の研修機関で、500を超えるグループ共通の研修メニューから受講可能。

日立製作所情報通信部門の研修機関として始まっているため、過去のノウハウから最先端技術まで、その時々で、自分に必要な研修を自由に選択し受講できます。

プログラミングなどの技術的な教育から、業務知識やマネジメントスキルまで、多数のカリキュラムから選択できます。

階層別教育

当社のエンジニアとして必要なスキルを習得するため、独自のカリキュラムを作成。それぞれの階層に応じて、幅広いラインナップの研修が用意されています。

その他のカリキュラム

資格褒賞制度

資格取得を推進するため、資格褒賞制度を導入しています。資格は、お客さまの業務・業界について熟知していることが重要になるため、情報関連のものだけではなく、業務知識向上につながるものまで幅広く対象にしています。褒賞金だけではなく、情報処理試験対策講座などの支援策も適宜、実施しています。

・情報処理資格:基本情報技術者、応用情報技術者、各高度情報技術者等
・業務関連資格:日商簿記、銀行業務検定、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士等