ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

ADWORLD 家屋評価システム

「ADWORLD 家屋評価システム」とは

「ADWORLD 家屋評価システム」は、税務業務の中でも極めて技術的、専門的な知識を要する家屋評価業務において、間取り図を描くことで固定資産税額の元になる評点を自動的に計算することによって、「事務処理の簡素化・効率化」を図るとともに「住民サービスの向上」を目指すもので、全国300以上の自治体で導入実績があります。

「ADWORLD 家屋評価システム」概要図

「ADWORLD 家屋評価システム」導入による効果

評価替年度に現地調査表を再作成する手間がかかる。
「ADWORLD 家屋評価システム」 なら・・・現地調査表は、家屋評価サーバから現地調査端末に取り込めますので手間がかかりません。
紙の劣化による現地調査情報の欠落
「ADWORLD 家屋評価システム」 なら・・・現地調査情報を電子化しますので、保存性が向上します。
手書きのメモのため、帰庁後に自分のPCで入力をおこなう必要があり、評価作業に時間がかかるうえ、他職員に展開できない。
「ADWORLD 家屋評価システム」 なら・・・現地調査端末に入力された調査情報をシステム上に取り込みますので、家屋評価全体にかかる時間を短縮でき、他職員への展開も容易。

日立グループ「環境適合製品」に適合
本製品は日立グループの「環境情報表示制度」に基づき、社内アセスメント評価を行い、環境適合製品として登録した製品です。

自治体の固定資産税業務の1つである家屋評価をサポートし、作図機能の操作性向上や関連処理の改善により、従来製品よりライフサイクル全体での環境負荷(CO2排出量)を5%削減。

*環境負荷低減量を「平成17年度情報通信技術(ICT)の環境効率評価ガイドライン」に基づいた手法「SI-LCA」で評価しています。この評価は特定の業務モデルによる評価結果であり、業務モデルが変われば評価結果も変わる場合があります。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら