ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

業務のさまざまなシーンにAIをプラスしていくという新たなコンセプト「AIプラス」

ここ数年、企業内でのAI活用により成果を挙げている事例が増加し、AIに対する関心の高まりと導入が急増しています。
しかし、既にビジネスの世界において、AIは「活用すること」が価値ではなく、「活用によりどんな価値を生み出すか」という段階に入っています。
機械が抽出した特徴量を元に答えを出すためのルールを機械が決定するディープラーニングには、得意不得意があり、現状では「訓練された人間に勝つのは非常に難しいこと、しかし一方で導入のポイントを押さえれば、低コストで既存システムをはるかに凌駕することも可能であること」も認識されています。
AI技術を取り入れたシステム構築を成功に導くためには、AIの得意不得意を的確にとらえて、業務システムにAI要素を組み込む経験値を持つ技術者の存在が不可欠となっています。

当社は、各種業務システムの提供を通じて、長年培ってきたシステム設計・開発力の強みにAI技術をプラスし、お客さまのAI導入・活用の支援をしていきます。AIは活用していくことで、その精度が上がり成長していくシステムとの認識のもと、お客さまのビジネスの成長と共にAIも成長させ、課題解決に貢献していきます。

当社の持つAI技術でお客さまの課題を解決するシステム構築を実施します。

「AIプラス」のイメージ

AI構築の各プロセスに必要な3つの技術である、「高いレベルのAI技術」、「教師データ作成、データクレンジングに必要な知識」および「DevOps*1時代の高速・高品質開発力」を有しています。
この3つの技術を基に、お客さまが通常実施している「基幹業務」や、「システム化が困難で手作業や外注に頼っていた業務」にAIをプラスし、着実に業務の自動化、効率化を支援します。
また、当社の各製品にAIをプラスし、AI技術を活用したシステム・ソリューションを提案します。

*1
開発(Development)と運用(Operations)を組み合わせたもので、開発と運用が密に連携して、運用側が要求する新機能や改修などの開発を行う手法や概念を指す。

当社の持つAI技術でお客さまの課題を解決するシステム構築を実施します。

AI専任組織を2016年からスタートさせ、着実に技術を蓄積しています。その結果、AIチャレンジコンテスト*2全部門での入賞など、高いレベルのAI技術を保持しています。今後はさらにAIに特化した教育の充実を図り、当社内AI技術者を2020年までに1,000人育成することを目標に、体制強化を図っていきます。

*2
人工知能技術戦略会議、内閣府、および文部科学省が主催のコンテスト

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら