ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

ISO22301認証取得支援サービス

BCMS(Business Continuity Management System)とは事業継続マネジメントシステムの言葉のとおり、事業継続マネジメントに関するマネジメントシステムアプローチであり、BCMの実行性・有効性を確実なものとするために定期的な見直しが必要となります。
日立ソリューションズ・クリエイトではISO22301の認証を取得したい企業様向けのサービスを提供しております。

ISO22301規格の目的

工業、商業、公共および非営利民間部門における大規模、中・小規模の組織によって活用される優れた慣行に基づき、事業継続マネジメントを対象とするマネジメントシステムアプローチに対する要求事項を明確にしたものであり、事業継続の継続的改善をすることを目的としています。

コンサルの考える本規格の価値

  • ISO22301は事業継続マネジメントに関して、マネジメントシステムアプローチを行うことで事業継続計画への継続的な改善を実現することが可能であると考えます。
  • どの組織においても事業継続は重要な命題として位置付けられ、BCP(事業継続計画)は策定されているが、BCMSとして実装され継続的な改善や事業の変化に伴う見直しが実施されている組織は、それほど多くないと考えます。
  • 本規格は、事業継続マネジメントをその組織にとって有効かつ実効性のある事業継続計画が実現できる手段と位置づけられます。

BCM(事業継続マネジメント)が求められる背景

人災や事故等を発生させないための対策・管理は、確実に行わなければなりません。
避けられない大地震などの自然災害が発生した場合、事業や業務をどのようにするのか、中断した事業をどのくらいの時間で、どの程度復旧させるかなども考慮する必要があります。
このような予期せぬ事態(脅威)の発生時、大きな損害を被ったり競争力を失い、最終的に企業の存続が危うくなるというリスクを適切にマネジメントするのが、「BCM(事業継続マネジメント)」です。

BCM(事業継続マネジメント)の流れ

ISO22301認証取得メリット

  • 事業継続マネジメントシステムの規格(ISO22301)に基づき、経営陣に承認された目標設定、PDCAサイクルによる継続的改善により事業中断リスクを軽減
  • 災害や予期せぬ重大事故に対しての対応能力が向上。
    緊急事態からの事業の早期復旧、被害・損失の最小化などが図れる
  • BCMS認証を取得することにより
    • 第三者認証機関から規格に基づいてBCMSを構築・運用していることが認証され、外部に表明できる
    • BCMS構築されていることが調達条件となる引き合いへの提案/入札が有利になる場合がある
    • 継続的な認証審査により、BCMSの維持・向上が図れる

ISO22301認証取得までの流れ

  • ISO22301認証取得支援サービスは、事業継続マネジメント基準の社内への啓蒙活動期間を含め約12ヶ月の期間で実施
  • お客さまとの打合せは各フェーズとも1回/2週間を基準とし、1回あたり半日を想定

*
本スケジュールは、お客さまの状況(提供サービスの内容、既存の規程類整備状況、本プロジェクトに係る方の体制など)によって異なります。
*
外部審査の立会は別途。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら

カタログダウンロード