ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

顧客の事業内容

顧客名

建設業B社様

事業内容

社会インフラシステム、産業システム、空調システム、エネルギーシステムに関する開発、設計、製造、販売、サービス、施工など。

導入のポイント

データベースサーバ(UNIX機、Oracle)のハードウェアの老朽化に伴い、システムをリプレースしました。

  • コストの削減(スモールスタート)を目的に、今後の拡張性や管理性にも優れたブレードサーバ(BladeSymphony BS1000)を採用しました。
  • システムの稼働率・安全性を高める為、ストレージには高い信頼性と拡張性を備えながら、高性能でコストバランスの良いHitachi AMS200 を採用しました。

導入システムの内容

導入システムの内容

【システムの構成】
サーバ BladeSymphony BS1000 3ブレード(64ビット版Linux)で、DBサーバとバックアップサーバを構築
HA8000 1台(WindowsServer2003)で管理サーバを構築
ストレージ Hitachi AMS200 1システムに、データベースを蓄積
バックアップ LTO3を2台使用し、オンラインバックアップ

導入効果

  • ブレードサーバ(初期システムでは3ブレード)の採用により、初期コストを抑えながら拡張性や管理性に優れたシステムを構築することができました。
  • ストレージにHitachi AMS200を採用したことでオンラインバックアップが可能になり、バックアップ時間に苦慮する必要がなくなりました。

今後の計画

  • N+Mコールドスタンバイ(*1)の適用によりシステムの可用性向上を推進していく予定です。
  • 他の業務システムもブレードサーバ(BladeSymphony BS1000)上へ移行していく予定です。
*1
N+Mコールドスタンバイとは、
サーバモジュールに障害が発生して予備機で業務再開後、替わりの予備機を準備/設定する前に、万一、別のサーバモジュールで障害が発生しても、予め準備した予備機の台数分まで切替えが可能となり、更なる高信頼なシステムを実現できます。

特記事項

*
本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
*
事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客様について同様の効果を実現することが可能なわけではありません

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら

導入事例

建設業B社様
BladeSymphony BS1000 を使用したシステム構築事例

オススメの関連サービス

快作スタイル
短納期・低価格で貴社のシステムをイージーオーダーで開発
JP1/Integrated Management - Service Support
ITの運用情報・状況を可視化、運用管理の課題を解決
PCの資産管理とセキュリティ対策(統合システム運用管理)
パソコンの資産管理とセキュリティ対策を一元化及び効率化
PCの資産情報管理とセキュリティ対策(かんたん運用管理)
パソコンの資産情報管理とセキュリティ対策を実現するシステムをご提供
DoMobile ASPサービス
ASPで社外からオフィスの自席パソコンへリモートアクセス