ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

出さない「秘文 Device Control 」の特長

企業の情報インフラは社内と社外の境界を超え拡大しています。
秘文 Device Controlなら、デバイスの利用や接続先ネットワークなどをコントロールすることで、漏洩してはならない機密情報が社外へ出ることを阻止できます。

持ち出し先のデバイスを制限できる

スマートフォン、USBメモリなどのリムーバブルメディア、有線/無線LANなどの通信機能など、さまざまなデバイスの利用をPC毎に制限し、従業員による不正なデータコピーを防止できます。

接続先ネットワークを制御できる

個人のスマートフォンなどのテザリング機能を使って、社内ネットワークのWebフィルタリングなどの仕組みを経由せずにクラウドサービスなどに接続することを禁止できます。

PCを利用できる場所を限定できる

管理者が接続を許可したネットワークにつながらない場所では、PCをロックし使えないようにします。工場内など、特定の場所のみで利用させたいPCの情報漏洩対策として有効です*1

*1
秘文 Data EncryptionでPC内のデータを暗号化することで、さらに強固にPC内の重要情報を保護できます。

秘文 Device Controlの詳細は、下記のリンクから確認できます。

見せない「秘文 Data Encryption」の特長

業務の必要上、機密情報を社外へ持ち出さざるを得ない状況がどうしても発生します。
秘文 Data Encryptionなら、機密情報をその保存場所を問わずに暗号化します。
第三者に情報の中身は見せません。

用途に合わせて暗号化形式を選択できる

社内で利用するデータと社外へ提供するデータとで、用途に合わせて暗号化形式を選択できるので、ビジネスの利便性とセキュリティを両立できます。

スタンドアロン構成で導入できる

スタンドアロン構成で1台から導入できます。サーバ構築なしで利用できるので、すぐにセキュリティ対策が行えます。

メディアへのコピー時に暗号化を強制できる

暗号化したファイルのみリムーバブルメディアやCD/DVDにコピーができるように設定できます。暗号化していないファイルのコピーを禁止できるので、うっかり暗号化し忘れたデータの社外持ち出しを防止。情報漏洩のリスクを減らせます。

秘文 Data Encryptionの詳細は、下記のリンクから確認できます。

放さない「秘文 Data Protection」の特長

企業間の情報共有が進んでいます。
秘文 Data Protectionなら、相手先に渡した機密情報の不正利用や二次流出が発生したとしても、失効(閲覧停止)することで、情報の拡散を防ぐことができます。

ファイルの失効(閲覧停止)で流出した情報の拡散を防止できる

ファイル保護と失効(閲覧停止)機能により、相手先に渡したファイルが不正にコピーされたり、流出した後に拡散することを防止できます。

クラウドで導入費用を削減できる

サーバ機能はクラウドで提供されますので、サーバ構築が不要となり、導入コストが抑えられます。

秘文 Data Protectionの詳細は、下記のリンクから確認できます。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら