ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

Illegal View

オペレーション証跡ソリューション

昨今のセキュリティ情勢

近年、企業内部の関係者による情報持ち出しやシステム不正操作といった不祥事が増加しています。
一度不祥事を引き起こしてしまうと、企業が失った信頼を取り戻すことは容易ではありません。
また、不注意によるメール誤送信や外部媒体の利用など、従業員の「うっかりミス」による情報漏えいも増加しています。
従来のセキュリティ対策は外部からの攻撃に重点を置いていましたが、これからは社内情報にアクセスできる「内部の人間」の不正操作対策や、万が一のセキュリティ事故発生時の迅速な原因究明のためにパソコン操作の証跡を記録することが求められています。

Illegal Viewとは

内部不正を抑止するIllegal View(イリーガルビュー)

イリーガルビューは、パソコンの作業内容を常に記録し、操作証跡を動画として記録します。
録画機能だけでなくWindowsへログイン時の「録画通知」や特定のアプリケーション起動、USBメモリ接続を検知しての「アラーム通知」を出すことができるため、作業者へ「自分の作業が記録されている」という意識を持たせ、内部不正を抑止します。
記録された操作証跡はサーバへ格納、管理者は管理対象パソコンの操作証跡を動画で確認できるため、万が一のセキュリティ事故発生時に迅速な原因究明が可能となります。

Illegal Viewとは

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら

オススメの関連サービス

テレワークソリューション
リモートデスクトップ環境と各ログを活用した見える化により納得感あるテレワークを実現