ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

JP1/Navigation Platform連携の概要

JP1/Navigation Platformは、運用手順を可視化・共有化することにより、オペレータに的確な操作をナビゲートし、Illegal Viewは、オペレータの操作画面の録画、キーボードなどの入力情報、アプリケーションの起動に関する情報収集をおこないます。
双方を連携させることで、強固なシステム運用証跡管理を実現します。

JP1/Navigation Platform連携

*
JP1/Navigation Platformから作業内容を記録したい特定キーワード情報をIllegal Viewに連携し操作録画の開始・停止を行います。

課題とJP1/Navigation Platform連携による解決方法

・オペレータの操作ミスによる設定エラーなどシステムに及ぼす影響リスクを低減したい。
・運用手順の実行履歴を把握することにより、運用手順の改善を図りたい。
・オペレータの運用監視を行い不正操作などによる情報漏えい防止を図りたい。
・有事の際に、後からオペレータが操作した履歴を確認できるようにしたい。
「JP1/Navigation Platform とIllegal View 連携」なら・・・
・分かりやすい画面(フローチャートとステップごとの詳細説明)により、オペレータは作業手順を確実に実施できるため、オペレーション品質の標準化が図れます。
・運用手順を参照して実施した作業は、履歴を残すことができ、エビデンスとして活用できます。
・オペレータがどんな操作を行ったかを記録することにより、有事の際に証跡として利用できるため、特にデータセンターのシステム運用維持保守やコールセンターでの業務に活用できます。

JP1/Navigation Platform連携のシステム構成例

JP1/Navigation Platform連携のシステム構成例

■ 操作証跡+運用ナビゲーション

操作証跡+運用ナビゲーション
①Illegal Viewサーバ
対応OS Windows Server 2012R2、 Windows Server 2012、
Windows Server 2008R2、 Windows Server 2008
推奨環境 CPU:Pentium4以上、メモリ2GB以上、HDD:記録データ量によります。
②Illegal Viewクライアント
対応OS Windows10、 Windows8.1、 Windows7
推奨環境 CPU:Pentium4以上、メモリ1GB以上、HDD:オフライン利用時の記録データ量によります。
③JP1/Navigation Platform
対応OS Windows Server 2012R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008R2
推奨環境 メモリ2GB以上、HDD:25GB以上
WindowsOSで動作するブラウザとして次の製品のうち1つが必要です。
Internet Explorer8、9、10、11

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら