ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

分析結果転送ソリューション

システム概要

  • 事前に成分マスタをデータベースに登録しておきます。
  • 別作業場所に設置された成分分析装置から分析結果をRS232C等で収集して、即座に現場端末へ分析結果を転送します。
  • 成分調整場の作業者は、推奨添加量を確認したうえで、添加装置にパラメタを投入します。
  • 後工程の職長は、作業進捗状況を現場端末で把握して、作業段取りの最適化を図ります。
  • 操業終了後、投入パラメタ情報を自動で作業報告書として出力します。

分析結果転送ソリューション システム概要

導入事例

  • 成分調整業務のリードタイムを短縮。
  • 添加装置へのパラメタ投入ミスの防止。
  • 後工程の段取りを効率化。
  • 作業日報作成を自動化。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら