ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

ヤード保管適正化ソリューション

ソリューション概要

  • ヤードへの入庫時、まずは、保管対象物に現品識別用RFIDタグ(またはバーコード)を貼付します。
  • 次に、その現品識別RFIDタグ(またはバーコード)と、位置識別RFIDタグ(またはバーコード)と、購買情報をハンディ端末で紐づけします。
    ※これにより、現品の識別と位置特定を実現できます。
  • 出庫時は現品識別RFIDタグ(またはバーコード)を読取してから、現物を出庫します。
    ※これにより誤出庫を防止できます。
  • ハンディ端末に記録されたデータから、自動的に日報を作成できます。
  • 棚卸時は、現品識別RFIDタグ(またはバーコード)と位置識別RFID (またはバーコード)を順次読取して、現品確認を実施します。

ヤード保管適正化ソリューション ソリューション概要

導入事例

  • 出庫時間の短縮
  • 誤出庫の防止
  • 「先入先出」運用を実現し、廃棄ロスを低減
  • 受払実績報告の自動化
  • 棚卸業務の省力化

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら