ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

横浜中華街の厨房を支える食材卸が、日立ソリューションズ・クリエイトの「快作スタイル」を採用
必須条件の「使い勝手」を維持しながらスムーズなシステム移行を実現

お客さまプロフィール

株式会社協和物産様

株式会社 協和物産

本社所在地:
神奈川県横浜市中区山下町157
会社設立 :
1966年11月1日
資本金  :
3,000万円
事業内容 :
中華料理店向けを中心とした食材卸業

食材卸業として横浜中華街に地域密着型のサービスを展開している協和物産。
1日に500〜1,200枚もの伝票入力業務を、クライアント/サーバ型の販売管理パッケージを使って運用してきましたが、同パッケージのサポートサービス終了とともにシステム基盤のリプレースに直面。
「イージーオーダーソリューション 快作スタイル」を採用することで、「従来の使い勝手を変えないシステムの導入」を目ざして取り組んだプロジェクトです。

これだけはゆずれない「使い勝手」

朝の限られた時間内に大量の伝票入力作業を終えることが最重要業務

1966年11月に横浜中華街に創業した協和物産は、水産物や畜産物を幅広く取り扱う総合食品卸として、地元中華街の発展とともに成長してきました。また、横浜中華街の料理店の東京進出に伴い、1997年に子会社の協和物産(以下、東京店)を江東区辰巳に開設しました。

取り扱う商品数は1,000品を超え、取引先も約1,000社を抱える協和物産では、顧客からの注文を、電話や留守番電話による音声とFAX、一部インターネットでも受け付けており、その内容を社内の「販売管理システム」に手作業で入力し、伝票の作成を行っていました。


株式会社協和物産
総務課 主任
横山泰史 氏

1日最低500枚、繁忙期には最高で1,200枚にもおよぶ受注伝票の出力を午前中に完了させる必要があるため、担当者が朝の限られた時間内に伝票入力作業を終えることが最も重要な業務でした。

そのため、オフコンを活用した初代の販売管理システムでは、タッチパネル方式で入力可能なユーザインターフェース(UI)を開発。その後、オフコンの製造中止を機に、クライアント/サーバ型の販売管理パッケージに切替え、2代目の販売管理システムが稼働。従来のUIを引き継ぐため入力画面に一部カスタマイズを行って運用してきました。

「そのパッケージもサポートサービス期間が終了し、ベンダーからのソフトウエアサポートが受けられなくなることから、引き続きパッケージをバージョンアップして使い続けるか、あるいは全く新しいシステムを新規に開発するかの選択を迫られました。」(協和物産 総務課 主任 横山 泰史氏)

システムの選定

快作スタイルの「高い拡張性」に期待

日立ソリューションズ・クリエイトは、「協和物産」と10年以上の取引関係にあり、現行の販売管理パッケージも協和物産の業務要件を確認しながら最適なパッケージを提案、一部はカスタマイズして納品しました。
今回のシステムリプレースにあたり、日立ソリューションズ・クリエイトはイージーオーダー型で、お客様の要望にも柔軟に対応できる「快作スタイル」を提案しました。

「販売管理システムで最も重要なことは、注文内容をとりまとめて伝票を出力するまでの作業の効率化と省力化です。パッケージ時代の入力画面イメージや入力方法を継承可能と聞き、快作スタイルの導入を決定しました。」(横山氏)

今回、快作スタイルが持つ販売管理、購買管理、在庫管理の各業務テンプレートを最大限に活用しながら専用入力画面の開発をアドオンで対応しました。

導入時の取り組み

高速入力を実現するための専用入力画面を開発し、業務にフィットするシステムに

快作スタイルは完全Web型システムのため、そのままではクライアント/サーバ型パッケージのようにエンターキーによる高速入力が困難な状態でした。そのため、専用入力画面のみクライアントアプリケーションとして開発し、業務ロジックやデータベース処理は快作スタイルをそのまま利用しました。
快作スタイルは『画面描画処理』と『業務ロジック処理』、『データベース処理』の3階層がきれいに整理されているため、個別開発が容易であり、お客様の業務にフィットするシステムの導入が可能であることが大きな特長です。

今回は、快作スタイルの標準テンプレートを最大限活用し、アドオンで開発をする部分を最小限にとどめたことで、コストを抑える形での構築が実現できました。

「これまでの当社業務に対する経験値や理解度の深さ、あるいは信頼関係を大事にしているからこそ、日立ソリューションズ・クリエイトが推奨する快作スタイルを選択したのです。担当営業との話しやすさ、何か問題が発生した時も時間を問わず対応してくれるSEの姿勢もそれを後押ししました。」(横山氏)

導入後の効果

「使い勝手」を維持した新販売管理システムを導入

「検討開始からわずか4ヶ月後の2011年7月に、快作スタイルで構築した新販売管理システムが横浜本社で稼働できました。
入力作業は、従来通りの操作性を維持しており、リプレース後も習熟のための時間ロスがほとんどありませんでした。入力担当者も、わずか1日で普段通りの業務を再開することができました。

コスト面でも、横浜本社と東京店で快作スタイルを採用し、個別開発の内容を同じにしたことで、従来使っていた販売管理パッケージの導入費用と比較し約3分の1程度に抑えることができました。


システム利用イメージ

システム導入から1年以上経過しましたが、現在は、過去の取引の履歴を活用し、業務効率向上を実現しています。顧客ごとの管理画面は、新規に取引を開始した直後は商品検索画面になっていますが、取引が行われることで受注した品目、納品日、単価などが全て記録された履歴画面に変わるような機能もサポートしてもらいました。入力の手間が削減され、業務効率が大幅に高まったと実感しています。また、商品の価格は変動するため、価格改定が行われると履歴から削除するよう設定し、旧価格で販売してしまうトラブルを回避する工夫も加えました。迅速な処理とミスのない業務の両立を常に考えています。」(横山氏)

今後の展望と日立ソリューションズ・クリエイトへの評価

インターネット経由の受注増をにらみ販売管理システムとの連携も

「従来の販売管理パッケージから、快作スタイルを活用した新販売管理システムへの移行は、日立ソリューションズ・クリエイトのサポートのおかげで大きなトラブルも発生せずスムーズに完了しました。
従来使っていた販売管理パッケージに比べて、当社が要望した機能追加にも個別開発で柔軟に対応してくれました。
快作スタイルの「高い拡張性」を改めて実感しました。

今後はインターネットからの注文に対する検証を行っていきます。現在、当社では、飲食店やホテル専門のEDIを3件活用して顧客からの注文を受け付けていますが、販売管理システムとの連携は行われておらず、EDIからのデータの吸い上げや受注受付連絡などもいまだ手作業のままです。
そのため、ネット経由の注文件数が引き続き増加していけば、作業負荷とのバランスで連携機能の追加改修を行うことも必要になってくるでしょう。

さらに、東京店とのデータ連携も現在は行われていないため、横浜本社で東京店の受注状況をリアルタイムに可視化する仕組みの構築も視野に入れています。

日立ソリューションズ・クリエイトには長いお付き合いの中で信頼を置いていますので、今回の快作スタイルへの置き換えも不安はありませんでした。今後も当社のビジネスに理解を深めていただき、有益な提案やサポートを期待しています。」(横山氏)

特記事項

*
本事例中に記載の内容は掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
*
事例は特定のお客様での事例であり、全てのお客様について同様の効果を実現することが可能なわけではありません。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら

導入事例

株式会社協和物産 様
快作スタイルが持つ高い拡張性で、既存システムの使い勝手を継承した新しい販売管理システムを導入

オススメの関連サービス

ボイスソムリエ ネオ
テキスト文書を音声合成化、様々な活用方法をご提案
DoMobile ASPサービス
ASPで社外からオフィスの自席パソコンへリモートアクセス