ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

商品について

「レンタルマイスター」と「レンタルマイスターエンタープライズ」、「レンタルマイスターエンタープライズリミテッド」の違いは何ですか?
「レンタルマイスター」は簡単に貸出管理を開始できるよう、貸出管理に特化した商品です。
「レンタルマイスターエンタープライズ」は、管理する物品の数が非常に多い、かつ重要な書類等をお持ちのユーザ向けに、貸出管理機能に加えて、棚卸・捜索機能と、不正持ち出し検知機能をサポートした商品です。積層タイプのRFIDタグと高出力アンテナのついたリーダ装置により、高速で確実な棚卸を行うことができるようになっています。
「レンタルマイスターエンタープライズリミテッド」は、「レンタルマイスターエンタープライズ」の機能はそのままに、管理物件数を10,000件までの規模の物件管理の効率化を目的に開発された商品です。
「レンタルマイスターエンタープライズ」と比較すると安価です。
レンタルマイスターは海外でも利用できますか?
国内の電波法に基づく商品となっておりますので、海外でご利用できません。

RFIDタグについて

UHF帯タグを利用することのメリットはありますか?
国際標準規格 ISO/IEC18000-6 TypeCに準拠し、UHF帯(860-960MHz)に対応したRFIDを利用することで、重要書類管理などのセキュリティ分野に加え、幅広い分野での適用が可能です。
また、比較的通信距離が長く、広い範囲をカバーしやすいというメリットがあります。
今まで利用していたUHF帯RFIDタグは利用できなくなるのですか?
総務省の発表では、RFIDタグを使用するUHF周波数帯のうち950MHz帯は、920MHz帯へ移行することとなりました。
既存のRFIDタグは、継続してご利用いただけますが、周波数帯がずれますので読み取り精度が落ちてしまいます。
また、950MHzのUHF帯周波数帯を使用するリーダ装置などは平成30年4月1日以降使用できなくなります。
レンタルマイスターでは、新たに新周波数帯に対応したリーダ装置をサポートしましたので、計画的に920MHz帯のUHF周波数帯へ移行いただけます。
標準型UHF帯タグと積層型UHF帯タグの違いは何ですか?
標準型UHF帯タグと比べ積層型UHF帯タグの方が、近接読み取りの精度が高いことが特長です。
文書などが積層状態でも十分に読み取り可能です。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら

カタログダウンロード

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら
  • カタログダウンロード

オススメの関連サービス

快作スタイル
短納期・低価格で貴社のシステムをイージーオーダーで開発
ボイスソムリエ ネオ
テキスト文書を音声合成化、様々な活用方法をご提案
DoMobile ASPサービス
ASPで社外からオフィスの自席パソコンへリモートアクセス