ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

「ワークライフバランスの実現」を、RPAを活用した業務効率化で支援

働き方改革の課題

勤怠管理の強化や意識改革によって労働時間を削減することは可能ですが「仕事の総量」は変わりません。
企業が勤務時間を制限しても、仕事の総量が変わらなければ、結果的には従業員や企業にとっての負荷が増えてしまいます。

働き方改革で求められる長時間労働をRPA活用で是非

RPA(ソフトウェアロボット)の活用で従業員の作業量削減

当社では、RPA(ソフトウェアロボット)の活用による「作業量削減」をご提案いたします。
人手で行っていた事務作業をソフトウェアロボットに代行させ「従業員が実施する作業量」を削減します。
ロボットの適用業務を増やしていくことで、単純な作業に掛かる時間を削減し、企画などの創造的な仕事の業務時間を増やすことができます。

*
RPAとは?
RPA(Robotic Process Automation)とは、主に事務作業の業務効率化を目的とし、ソフトウェアロボットの活用によって業務の自動化を実現する技術です。人間と比較すると退職の心配がなく24時間365日稼働可能、同じ間違いを繰り返さないという特長があり、近年業務に適用する企業が増加しています。

RPA導入に関する問い合わせはこちらから

RPA活用による作業量削減で推進

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら

カタログダウンロード

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら
  • カタログダウンロード

オススメの関連サービス

テレワークソリューション
リモートデスクトップ環境と各ログを活用した見える化により納得感あるテレワークを実現