ページの本文へ

Hitachi

サムポローニア(司法書士業務向け):日立ソリューションズ・クリエイト

登記受付までの過程をすべて網羅しています

毎日使う人のことを考えた画面デザイン

業務効率アップにつながる使い易さと目にやさしい配色。申請書作成時はプレビュー画面を表示して、入力と同時に登記申請書形式でデータの確認をすることができます。

管轄登記所の自動判定

不動産の所在から管轄登記所を自動判定します。そのため管轄違いなどのミスを軽減します。

登録免許税の自動計算

登記名義人氏名変更などの簡単な登録免許税の計算から信託登記や仮登記の本登記などの複雑な登録免許税の計算までをカバーしています。

登記情報管理システム連動で入力レスに

登記情報提供サービスから、当事者、所在、地番などの情報を取得し、システム内にデータを保存することができます。取り込んだ情報を基に登記申請書や添付書類などを作成できます。システム間のデータを連動することにより、作業の軽減と時間短縮を実現するとともに、手入力によるミスを防ぎます。

QRコードから登記識別情報などの情報読み取り

登記識別情報通知書に記載されたQRコードから登記識別情報などの情報を読み取ることができるため、登記識別情報の入力ミスがなくなり、登記識別情報提供様式作成の作業が軽減されます。

  • * QRコード読み取りの際には別途機器が必要となります。

サムポローニア8 だけでオンライン申請作業を完結

サムポローニアは登記・供託オンライン申請システムと直接オンラインでつながり、申請データ作成から電子署名付与、申請データ送信、処理状況確認、登記完了証のダウンロードまで、一連の作業がシステム内で完結します。

ユーザとグループ設定で案件の絞り込み

ユーザとグループ設定で案件の絞り込みが行えるので、作業したい案件に素早くたどり着けます。

電子署名一括付与

オンラインセンターで複数の申請データを選択して、一度の操作でまとめて署名可能です。これにより署名付与にかかる時間も短縮されます。

  • * ICカードを利用した電子署名を行う場合には別途IC カードリーダ・ライターが必要となります。

申請データ確認票の印刷

申請データ確認票は、登記申請書の内容だけではなく、連件や署名の状況、納付情報、添付されているファイルの情報などオンライン申請で確認しておきたい情報を一枚にまとめました。
この書類をご活用いただくことで、申請時のミスを軽減することができます。

処理状況自動取得機能を装備

オンライン申請した情報はシステムが処理状況を定期的に確認し、最新の状況をお知らせします。

連件の設定

電子署名前でも連件の設定が行えます。異なる管轄登記所で連件設定した場合は、警告を出すので管轄間違いなどが軽減されます。

受付情報/申請情報の確認

PDFの添付忘れや管轄登記所の間違いなどをお知らせします。

JIS 第3、第4水準漢字に対応

JIS 第3、第4水準漢字をサムポローニアは、内字として取扱っています。そのことにより、登記情報で使用されているJIS 第3、第4水準漢字を外字エディタなど使用することなく、そのまま、登記申請書や委任状、登記原因証明情報で使用することができます。
オンライン申請データを作成する場合は、その文字は、ビットマップに自動変換するので、ユーザは、外字をほとんど意識することなく登記申請書を作成することができます。

補正書作成支援機能

補正書作成画面において、該当する補正通知の内容を参照できるので、補正通知に呼応した補正事項の記載ができます。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 03-3874-8511 受付時間:月〜金(祝祭日を除く) 9:00〜18:00 FAX:03-3874-8519

お問い合わせ 資料請求はこちら