ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

認証デバイスを一切使わない本人認証システム。マトリクス認証®方式で、ワンタイムパスワードを作成し、セキュリティおよび利便性の向上、コスト削減を実現します。

SECUREMATRIX

複雑なパスワードを覚える必要はありません。また高価な認証デバイスを利用する必要はありません。「マトリクス認証®」は、ユーザがあらかじめ設定した「位置」と「順番」(=パスワードイメージ)を使って、毎回ランダムに表示されるマトリクス表から数字を抜き出しワンタイムパスワードとして認識させる、まったく新しい認証システムです。様々な立場の方が抱えるパスワードの悩みを一気に解決するのが「SECUREMATRIX®」です。

※「SECUREMATRIX®」、「マトリクス認証®」は株式会社シー・エス・イーの登録商標です。

デバイスレスの認証製品

デバイス紛失のリスク0

デバイス紛失のリスク0

認証デバイスは、企業のドアを開ける鍵と言えます。外出先での紛失、盗難は、情報資産をリスクにさらすことになります。その点、認証デバイスを必要としない、SECUREMATRIXの「本人認証システム」は、紛失、盗難のリスクがありません。

デバイス管理の負担0

デバイス管理の負担0

「どのデバイスを誰が持っているのか?」「地方支社や海外拠点の配布は?」「退職者のデバイスの返却は?」・・・等 デバイスを利用すると「人」「距離」「時間」の問題が管理者の負担につながります。
SECUREMATRIXは認証デバイスレスの為、管理をする負担がございません。

デバイスの買い直しコストは0

デバイスの買い直しコストは0

持ち運ぶ必要のある認証デバイスは、こわれたら買い直し。無くしても買い直し・・・。電池の消耗などにより定期的に買い直す必要があるため、ランニングコストが高くなります。しかし、当社の提供するSECUREMATRIXは認証デバイスレスの為、コストがかかりません。

機能と説明

マトリクス認証とは

ユーザがあらかじめ設定した「位置」と「順番」(=イメージパスワード)を使って、毎回ランダムに表示されるマトリクス表から数字を抜き出しワンタイムパスワードとして認識させる、まったく新しい認証システムです。

マトリクス認証の仕組み

あらかじめ自分の好きなパスワードイメージを登録
マトリクス認証は、アクセスの度に表示される数字が変わるマトリクス表を使用しています。その為毎回マトリクス表に表示される数字がかわるので二度と同じパスワードを入力することはありません。

マトリクス認証とは?

導入メリット

●固定パスワードと比べて

安全性:固定パスワードは、フィッシング・スパイウェア・ショルダーハッキングなどにより簡単に盗まれてしまう可能性があります。SECUREMATRIXはワンタイムパスワード(使い捨てパスワード)なので、固定パスワードと比べてはるかに高いセキュリティ強度を保てます。

●トークン型ワンタイムパスワードと比べて

利便性:トークン型のワンタイムパスワードは、常にユーザが持ち歩く必要がある為、紛失や故障のリスクがあり不便です。SECUREMATRIXはトークンを必要としないワンタイムパスワードなので、ユーザが認証のためだけにトークン等のデバイスを持ち歩く必要がありません。
スマートフォン使用時には、電車の中でも吊革につかまりながら簡単に操作できます。

コスト:トークン型のワンタイムパスワードは、ユーザへの配布・棚卸し・メンテナンスに手間やコストがかかります。SECUREMATRIXはトークンを必要としないワンタイムパスワードなので、管理者の手間やコストをかけません。紛失や故障のリスクがありません。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら