ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

「TheSky Version 5」販売終了のお知らせ

本商品は販売を終了いたしました。
商品サポートに関する情報は、こちらのサイトで参照が可能です
2017/4/11まで

ダウンロード

Ver.5.00.014 アップデートファイル

本アップデートファイルの内容はTheSky Version 5.00.014英語版アップデートファイルに基づく項目及び新たに追加した項目です。おもな項目は下記をご覧ください。最新アップデートファイルには以前に公開されたアップデートファイルの内容が含まれています。

変更・改善

1. 拡張小惑星
拡張小惑星は軌道データと24時間のパスをすべてメモリに読み込めるようになりました。これに伴い表示、検索、計算がより高速になりました。

変更・改善

1. イメージリンク
イメージリンクが失敗したとき、非正方形ピクセルのリサンプルに関するエラーメッセージを追加しました。
2. 視野インジケータ
視野インジケータサイズ(分角)の最大値を90から180まで増加させました。
3. 月表示
月の表示/非表示によってメモリの使用量が増加する問題を改善しました。
4. エクスポート
小惑星のエクスポートは新しいMPLメソッドの採用により正しく動作するようになりました。
5. 検索
検索ダイアログで拡張小惑星が検索できるようになりました。
検索ダイアログの中の数値ボタンを使用した場合、テキスト入力エリアのカーソルを点滅させるようにしました。
6. 拡張小惑星
拡張小惑星の設定は彗星/小惑星ダイアログに移されました。
7. 画面解像度
画面解像度を低く設定変更した場合、画面上で開かれている他のウィンドウも同時に画面の解像度に合わせるようにしました。
8. 彗星/小惑星ダイアログ
彗星/小惑星ダイアログの読込み済みのリストから、彗星/小惑星を削除したとき、リストは先頭から表示されていましたが、削除した場所を表示するようになりました。
9. その他
弊社移転のため、掲載されている住所を変更しました。
10. 望遠鏡
TeleAPI使用時にフォーカス制御を使用できるようになりました。

Meade ETX Autostar のパーク操作が変更されました。コマンドを選択するとホーム位置に導入されリンクが切断されます。但し、Autostar のパーク操作は、本来のパーク操作と少し内容が異なり注意が必要です。注意しなければならない点は、次回望遠鏡使用時に必ず初期設定が必要になるということです。もし、初期設定を行わずに使用すると、TheSkyから指示した座標に望遠鏡を向けることは出来ません

LX200 でロングフォーマットのオプションを選択できるようになりました。

LX200 のレチクルダイアログにおいて、「明」・「暗」ボタンは問題がありましたが(今まで逆に動いていた。)正しく動作するようになりました。

望遠鏡コントロールシステムに Losmandy Gemini が追加されました(LX200 プロトコル)

望遠鏡コントロールシステムに Celestron International NexStar 11 が追加されました (Ultima2000 プロトコル)

NexStar 5 or 8 by Celestron に接続している場合、モーションコントロール ダイアログの「微動」ラジオボタンを選択できません。これは NexStar 5 or 8 by Celestron が、ボタンを押して移動する方式に対応していないためです。

望遠鏡導入支援の視野導入ダイアログで最大表示した場合、ガイド針が適切に更新されるようになりました。

LX200 のフォーカスコントロールにおける「低速」・「高速」の初期設定を、より適切な値に変更しました。

TEMMA初期設定時に緯度によりエラーと表示される可能性がある問題を改善しました。

インストールには下記のインストール手順をよくお読みになり行って下さい。

インストール手順

*
Windows XP/NT/2000の場合は、管理者権限を持つユーザでインストールして下さい。
  1. 下記のアップデートファイル名をクリックします。
  2. ファイルのダウンロードダイアログボックスの[このプログラムをディスクに保存]をチェックします。
  3. [OK]ボタンをクリックします。
  4. 「ファイル名を付けて保存」ダイアログボックスの保存場所とファィル名を選択し[保存]ボタンをクリックします。
  5. TheSkyが起動されていないことを確認してエクスプローラ等から保存したアップデートファイルを実行します。
  6. インストールウィザードが起動しますので既にTheSky Version 5.0 日本語版がインストールされているフォルダを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
    これでインストールは完了です。ダウンロードしたファイルは削除しても大丈夫です。
  7. 追加機能の詳細は、TheSkyをインストールしたフォルダにある「Readme.htm」を参照してください。
  8. インストール後の初回望遠鏡使用時に、[スコープ]の[セットアップ]で設定を行って下さい。

アップデートファイル名

Ver.5.00.012アップデートファイル

本アップデートファイルはTheSkyの日本語版Version 5.00.011および5.00.011aをご使用のお客様が対象です。

本アップデートファイルの内容はTheSky Version 5.00.012英語版アップデートファイルに基づく項目及び新たに追加した項目です。おもな項目は下記をご覧ください。最新アップデートファイルには以前に公開されたアップデートファイルの内容が含まれています。

新規

1. イメージリンク
成功及び失敗時に、より詳細な情報を表示します。
2. 望遠鏡機能
望遠鏡接続時に表示される十字線の色を変更できるようにしました。
3. 望遠鏡機能
天体情報ダイアログボックスの望遠鏡タブに月、惑星、彗星及び小惑星(拡張)のソフトウエアによる捕捉を追加しました。

変更・改善

1. 天体情報
データクラスがOBJECT型のSDBについて、天体情報ダイアログボックスの等級表示が可能になりました。
2. 天体情報
望遠鏡制御オプションの天体情報自動消去で詳細天体情報ダイアログボックスが閉じるようになりました。
3. 拡張ラベル
拡張小惑星のラベル表示で番号のみを表示する時に、番号の後に名称の頭文字を表示するようになりました。
4. 月齢カレンダー
月齢カレンダーで、2002年2月における月の表示不正の問題を改善しました。
5. 太陽系天体再計算
太陽系天体再計算コマンドで、画面が正確に再描画されない問題を改善しました。
6. 望遠鏡機能
Autostarの許容可能な地方恒星時誤差を10分に拡大しました。
7. 望遠鏡機能
TEMMA初期設定時に緯度によりエラーと表示される可能性がある問題を改善しました。
8. バージョン情報表示
弊社移転のため、掲載されている住所を変更しました。

インストールには下記のインストール手順をよくお読みになり行って下さい。

インストール手順

*
Windows XP/NT/W2000の場合は、管理者権限を持つユーザでインストールして下さい。
  1. 下記のアップデートファイル名をクリックします。
  2. ファイルのダウンロードダイアログボックスの[このプログラムをディスクに保存]をチェックします。
  3. [OK]ボタンをクリックします。
  4. 「ファイル名を付けて保存」ダイアログボックスの保存場所とファィル名を選択し[保存]ボタンをクリックします。
  5. TheSkyが起動されていないことを確認してエクスプローラ等から保存したアップデートファイルを実行します。
  6. インストールウィザードが起動しますので既にTheSky Version 5.0 日本語版がインストールされているフォルダを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
    これでインストールは完了です。ダウンロードしたファイルは削除しても大丈夫です。
  7. 追加機能の詳細は、TheSkyをインストールしたフォルダにある「Sky012.txt」を参照してください。
  8. インストール後の初回望遠鏡使用時に、[スコープ]の[セットアップ]で設定を行って下さい。

アップデートファイル名

Version 5.00.011a

新規

1. 望遠鏡機能
高橋製作所製TEMMA PC/PC-Jr.に対応しました。(但し、彗星コマンド及びソフトウェアスタンバイモードはサポートしていません)
TheSkyと望遠鏡のセットアップはTEMMA PC/PC-Jr.セットアップをご覧ください。

変更・改善

1. 星座名の訂正
「ヘラクレス」を「ヘルクレス」と訂正しました。
2. 星座名の訂正
星座境界線表示で表示される名称を訂正しました。
3. 星座線の訂正
ちょうこくしつ座の星座線を訂正しました。
4. 望遠鏡機能
Meade社製Autostarの初期設定フェーズをAutostarのバージョンに合わせて変更しました。(AutostarのバージョンがJ1.0とそれ以外で初期設定の項目が違います)

天文ガイド準拠設定ファイル

旧天文ガイド版TheSkyのユーザー様におかれましては、TheSky Version 5の初期画面表示は馴染みのないものかもしれません。もし、旧天文ガイド版TheSkyの画面表示をご希望でございましたら本設定ファイルをインストールして下さい。
また、日本で一般的に使われている星座線を表示なさりたい方も本設定ファイルをインストールすることにより表示可能になります。

初級版は本ファイルの画面表示設定ファイルがインストールされていますのでインストールしないで下さい。下記の読み込み手順に従い画面表示を変更できます。
ただし、星座線設定ファイルの読み込みは対応していません。

インストールには下記のインストール手順をよくお読みになり行って下さい。

インストール手順

  1. 下記の設定ファイル名をクリックします。
  2. 表示されたファイルのダウンロードダイアログボックスのこのプログラムをディスクに保存をチェックします。
  3. OKボタンをクリックします。
  4. 表示されたファイル名を付けて保存ダイアログボックスの保存場所とファィル名を選択し保存ボタンをクリックします。
  5. TheSkyが起動されていないことを確認してエクスプローラ等から保存した場所のTENGA.exeを実行します。
  6. 天文ガイド関連ファィルインストールダイアログが起動しますので解凍先フォルダは既にTheSky Version 5.0 日本語版がインストールされているフォルダを選択してOKボタンを押します。これでインストールは完了です。設定ファイルは削除してかまいません。

画面表示設定ファイルの読込手順

  1. TheSkyを起動して下さい。
  2. [ファイルメニュー] -> [開く]をクリックすると開くダイアログボックスが表示されます。
  3. TenmonGuide.skyを選択して開くボタンを押します。

星座線設定ファイルの読込手順

  1. [データメニュー] -> [Skyデータベースマネージャー]をクリックして[Skyデータベースマネージャー]ダイアログボックスを表示します。
  2. 追加/削除ボタンを押し、[Skyデータベースの追加/削除]ダイアログボックスを表示します。
  3. Constellation Figure of TenmonGuide.SDBを選択し追加ボタンを押して下さい。
  4. ファイルリストにConstellation Figure of TenmonGuide.SDBが表示されたことを確認してOKボタンを押します。
  5. [Skyデータベースマネージャー]ダイアログボックスにConstellation Figure of TenmonGuideが追加され、先頭にチェックがなさせていることをことを確認してOKボタンを押します。

アップデートファイル名