ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

以下にTheSkyとTEMMA PCの接続についてご説明いたします。

1. 事前準備

  1. 架台の極軸を合わせてください。
  2. TEMMA PCの電源(MOTOR、COMPUTER STAND BYとも)を入れてください。
  3. TheSkyがインストールされているPCとTEMMA PCを専用ケーブルで接続します。
  4. TheSkyを起動します。
  5. コンピュータの時刻をなるべく正確に合わせてください。

2. リンク確立

  1. スコープメニューから“セットアップ”を選択し、コントロールシステムリストから“TEMMA PC by TAKAHASHI ”を選択します。

    セットアップ画面

  2. [設定]ボタンを押し、TEMMA PCを接続したCOMポートを選択して[OK]ボタンを押します。
  3. 十字線更新間隔を200とし、セットアップダイアログボックスの[閉じる]ボタンを押します。
  4. スコープメニューの“リンク”から“確立”を選択します。
    既にTEMMA PCの初期設定が既に完了している場合、初期設定要否を確認するメッセージが表示されます。

    アラインメント画面

    アラインメント操作が必要と判断された場合は[はい]を、不要と判断された場合は[いいえ]を押します。
    [いいえ]を選択された場合は、連動が開始され、望遠鏡の向いている方向を示す十字線がSky画面に表示されます。
    以降、[はい]を選択した場合の初期設定操作について説明します。
    アラインメントダイアログボックスが表示されます。

    アラインメント画面

  5. 架台のクランプを外し、望遠鏡を天頂に向けてください。
    望遠鏡が架台のどちら側にあるかを確認し、西または東を選択してください。
    TEMMA PCの電源に12Vをお使いなら低速、24Vをお使いなら高速または低速を選択してください。
    [OK]ボタンを押します。
    これでおおまかな初期設定は完了しました。
  6. 望遠鏡同期を行ないます。
    詳細な設定を行なうためのガイダンスメッセージボックスが表示されます。

    望遠鏡同期画面

    [OK]ボタンを押して以下の手順でアラインメントを行なってください。
    1. Sky画面上に表示されている恒星と、夜空の星で明らかに一致させることができる天体を探し、ハンドコントローラを操作して、その恒星を望遠鏡視野中央に導入して下さい。
    2. Sky画面上でその天体をクリックして、天体情報ダイアログボックスを表示します。
    3. 天体情報ダイアログボックスの“望遠鏡”タブにある[望遠鏡同期]ボタンを押します。

ヒント

ハンドコントローラによる望遠鏡操作を最小限にするために、次のような手順も可能です。

  1. Sky画面上に表示されている恒星と、夜空の星で明らかに一致させることができる天体を探し、Sky画面上でその天体をクリックして天体情報ダイアログボックスを表示します。
  2. 天体情報ダイアログボックスの視野導入ボタンを押します。
    望遠鏡が該当の天体に向かって動き始めます。
    視野導入中を示すウィンドウが消えるまで待ちます。
  3. 望遠鏡の動作が止まったら、TEMMA PCのコントローラを操作して、望遠鏡視野中央に該当の天体を導入し、天体情報ダイアログボックスの“望遠鏡”タブにある[望遠鏡同期]ボタンを押します。

以上の操作で、TEMMA PC の初期設定は完了です。