ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

BARRACUDA Email Security Gateway

迷惑メール対策ソリューション

BARRACUDA Email Security Gateway

国内での販売実績No.1を誇る、BARRACUDA Email Security Gateway で、迷惑メール対策を行いませんか?

BARRACUDA Email Security Gateway

BARRACUDA Email Security Gatewayが選ばれる3つの理由

国内出荷台数No.1

国内出荷台数No.1

2005年から2011年まで、国内出荷台数でシェアNo.1を獲得(メーカー報告)
中小企業をはじめ、大企業、教育施設、公共機関、ISPなど、国内5000台以上の出荷実績を誇る製品です。

ユーザライセンス不要

ユーザライセンス不要

最新のスパム、ウイルス定義のダウンロードは基本保守にすべて含まれています。

Eメールセキュリティのリーディングプロダクト

Eメールセキュリティのリーディングプロダクト

ChannelPro 2017 Readers’ Choice Awardにおいて、Barracuda Email Security Gatewayはチャンピオンプロダクトとして評価されました。

最近のセキュリティ動向

最近のセキュリティ動向
図 クライアントPCに対する攻撃の経由元
(Tokyo SOC調べ 2016年1月1日〜6月30日)

組織にとってのセキュリティ脅威第1位は、メールでの標的型攻撃となっています。

※IPA「情報セキュリティ10大脅威 2017」情報流出の原因
また、企業内のパソコンに対するサイバー攻撃の93%がメール経由での攻撃となっています。

※TokyoSOC(日本IBMセキュリティオペレーションセンタ)の2016年度上半期TokyoSOC情報分析レポート

標的型攻撃の手法(サイバーキルチェーン)

標的型攻撃の手法

標的型攻撃の実行者は、サイバーキルチェーンと呼ばれるモデルで、複数の段階を踏んで企業の情報を盗み出そうとしています。
標的型メール攻撃への対策としては、攻撃の初期段階で食い止めることが重要です。
BARRACUDA Email Security Gatewayでは、メールの配送段階でスパム、ウィルス、マルウェアなどの攻撃からメールインフラを保護し、標的型攻撃の被害を防止します。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら