ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

BARRACUDA WEB APPLICATION FIREWALL

情報漏えい対策ソリューション

BARRACUDA WEB APPLICATION FIREWALL

御社のWebサイトには、個人情報(住所、氏名、クレジットカード番号など)が登録されていないでしょうか?
ファイアウォールやSSLによる暗号化だけでは、個人情報を抜き取る攻撃(SQLインジェクション等)には対応できません。そこでWeb Application Firewallが活躍します。

BARRACUDA WEB APPLICATION FIREWALL

Barracuda Web Application Firewall 3つのポイント

国内シェアNo.1

国内シェアNo.1

2007-2013まで、台数ベースで国内トップシェアの製品です。(メーカー報告)

お求めやすい価格帯

お求めやすい価格帯

小規模・中規模サイト向けのモデルからご用意しております。(定価:128万円〜)
また、ユーザライセンスや専用マネジメントサーバも必要ありません。

開梱後30分でXSS/SQLインジェクション対策完了

開梱後30分でXSS/SQLインジェクション対策完了

ブラックリスト型を採用する事により、シグネチャですぐにWEBサイトへの攻撃をブロックする事ができます。

Webアプリケーションへのセキュリティ対策

IPA情報セキュリティ10大脅威 2017では、「WEBサイト改ざん」「ウェブサービスからの個人情報の窃取」「サービス妨害攻撃によるサービスの停止」など、Webアプリケーションに対する脅威が選出されています。
FW(ファイアウォール)や侵入検知システム(IDS/IPS)、WAFはそれぞれ分野の異なるレイヤーの攻撃を防御する関係にあり、Webアプリケーションに対する攻撃はFW,IDS/IPSでは防げません。

Webアプリケーションへのセキュリティ対策

IPS/IDSとWeb Application Firewallにできること

主な攻撃手法IDS/IPSWAF
SQL/OSインジェクション
クロスサイトスクリプティング
クロスサイトリクエストフォージェリ×
ディレクトリトラバーサル
リモートファイルインクルード×
クッキー改ざん×
フォームの改ざん×
セッションハイジャック×
IDS/IPSでは攻撃リクエストの難読化、通信が暗号化されている場合にはサイバー攻撃の検知ができません。また、フォーム、隠しフィールド、パラメータ改ざんなどはIDS/IPSでは防御できません。
Web Application Firewallは、これらに対しての防御策として利用できます。

Web Application Firewallの防御イメージ

Web Application Firewallの防御イメージ

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら