ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

2019年10月23日
株式会社日立ソリューションズ・クリエイト

 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト(本社:東京都品川区、取締役社長:竹田 広光/以下、日立ソリューションズ・クリエイト)は、トリップワイヤ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、カントリーマネージャー:TAN Aik-Hong/以下、トリップワイヤ社)と販売代理店契約を締結し、ネットワーク脅威検知製品「Tripwire® Industrial Visibility™(以下、TIV)」を活用した「制御システム脅威検知ソリューション」を本日から販売開始します。

 近年、製造現場の設備にセンサーを取り付けて、稼働状況を見える化することによって、機械の故障を予知したり、センサーで収集したデータの解析結果を使って設備を自動制御するなど、さまざまな用途でIoTの導入が進んでいます。
 一方で、さまざまな設備がネットワークにつながることで、サイバー攻撃を受けるリスクが高まり、自社の生産活動への影響のみならず、取引先などのサプライチェーン全体にまで影響を及ぼす恐れがあるため、制御システムのセキュリティ対策の重要性が増しています。
 その中で、ネットワークを可視化することは、安全な制御システム環境を構築するための第一歩ですが、レガシーテクノロジーと最新のテクノロジーが混在している環境を正確に把握することは困難であり、継続的な脅威監視と資産の可視化が、制御システムにおける運用上の課題となっています。

 このたび、日立ソリューションズ・クリエイトは、トリップワイヤ社のネットワーク脅威検知製品TIVを活用して、制御システムの資産管理と脅威検知を可能にする「制御システム脅威検知ソリューション」をセキュリティソリューション群に新たにラインアップしました。
 TIVは、ネットワーク分析と詳細なパケット検査を行い、ネットワーク上の資産を可視化するとともに、制御システム環境の安全性と可用性を脅かす可能性のある脅威データを収集します。制御システムの運用上の課題解決が図れるため、米国の製造業プラントを中心に導入が進むとともに、日本国内でも製造業を中心にPoC(概念実証)が始まっています。
 日立ソリューションズ・クリエイトとしては、PoCをはじめとする導入支援から運用支援、運用者・管理者を対象としたトレーニングサービスまでをメニューに取り揃え、「制御システム脅威検知ソリューション」として提供します。
 日立ソリューションズ・クリエイトは、これまで培ってきたセキュリティソリューションのノウハウ、専任技術者の技術力を強みに、今後も引き続き、セキュリティソリューションメニューの拡充を図り、お客さまの多様化するニーズに対応していきます。

 なお、本ソリューションは、本日から開催される「情報セキュリティEXPO【秋】」(会場:幕張メッセ)に出展します。ぜひこの機会にご覧ください。

<「情報セキュリティEXPO【秋】」出展内容紹介URL>
https://www.hitachi-solutions-create.co.jp/seminar/2019/1023_01/index.html

日立ソリューションズ・クリエイトのセキュリティソリューション体系

<「セキュリティ」商品ラインアップ紹介URL>
https://www.hitachi-solutions-create.co.jp/solution/category/02.html

ネットワーク脅威検知製品「Tripwire® Industrial Visibility™(TIV)」の特長

1.ネットワークへの負荷を抑制しながら、資産の可視化が可能

 レガシーテクノロジーが混在する制御システムのネットワークは、遅延や帯域幅の変化の影響を受けやすい傾向にあります。TIVでは、ネットワークへの負荷や生産プロセスへの影響を抑制しながら、情報収集することが可能です。ネットワーク上の資産を自動的に抽出し、グラフィカルなネットワークマップを作成、稼働状況を可視化します。

2.異常な挙動をいち早く検知

 TIVは100種類を超える産業用プロトコルのパケット検査が可能で、一定期間ネットワーク上の通信を機械学習し、平常時の通信を「正常な状態(ベースライン)」として記憶します。
 構成の不適切な変更や異常な指示など、ベースラインと異なる振る舞いが発生した場合には自動で注意を促すメッセージが表示されるため、異変をいち早く検知することができます。

制御システム脅威検知ソリューションメニュー

キャプション
項目 内容
導入支援サービス PoC PoC導入支援
導入支援 ネットワーク環境の確認
導入範囲の定義
ネットワークのベースライン情報を作成
運用・操作手順書の作成
評価 TIVレポート結果の評価
運用支援サービス 運用サポート 問い合わせ対応
システム変更対応等の運用支援
トレーニングサービス 運用者・管理者を対象としたトレーニング

想定ソリューション適用例

制御システム脅威検知ソリューションは、以下のような制御システムの課題を解決することが可能です。

  • 制御システムへの未登録デバイスの接続や、不審な外部サイトとの通信をすばやく検知したい。
  • 制御システムのネットワーク上の資産を棚卸しし、ベースラインとして管理したい。
  • 既存の制御システムの構成を変更せずに、状態監視・異常検知したい。
  • 制御システム環境内に脆弱性が潜在しているか把握したい。
  • PLCプログラムの更新やファームウェアのアップデートを検出し、変更管理したい。

トリップワイヤ社 カントリーマネージャー TAN Aik-Hong氏からのエンドースメント

このたびの発表にあたり、トリップワイヤ社様から、エンドースメントをいただきました。
 「Tripwireは、日立ソリューションズ・クリエイトの「制御システム脅威検知ソリューション」の提供開始を心から歓迎いたします。
 Tripwire® Industrial Visibility™(TIV)は、TripwireのプレゼンスをIT優位のエンタープライズ市場からミッションクリティカルな特性を持った制御系産業市場へ拡大するための重点戦略製品です。TIVは、OT (制御システム) 環境全体の可視性、監視、および脅威の軽減を可能とするため、企業の安全性、生産性、および運用品質を脅かすサイバーイベントへの対応を強化できると確信しております。
 これまでセキュリティソリューションを提供してきた日立ソリューションズ・クリエイトのノウハウや技術力との組み合わせにより、OT市場のセキュリティ強化に貢献していきます。」

提供価格

個別見積(環境や要件により異なります。)

提供開始日

2019年12月1日(予定)

販売目標

今後3年間で売上4億円(累計)

製品・サービスに関するお問い合わせ先

担当部署:インサイドセールス部 担当:曽根、宍戸
Tel:0120-954-536 Fax:03-5780-7628
E-mail: hsc-contact@mlc.hitachi-solutions.com
URL:https://www.hitachi-solutions-create.co.jp/contact/solution.html

報道機関からのお問い合わせ先

担当部署:コーポレート・コミュニケーション部 担当:菅野、大居
Tel:03-5780-0266 Fax:03-5780-7630
E-mail: hsc-koho@hitachi-solutions.com

  • ※ Tripwire®は米国法人Tripwire,Inc.およびその関連会社の、米国、日本またはその他の国における登録商標、または、商標です。
  • ※ その他すべての登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。その他の名称もそれぞれの所有者による商標である可能性があります。
  • ※ 製品の仕様は、都合により予告なしに変更することがあります。本文書の記載内容は、2019年10月現在のものです。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    ご購入前の商品に関するご質問・ご相談など

    0120-954-536

    受付時間:月〜金(祝祭日を除く)
    10:00〜17:30

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら