ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

トップメッセージ

南章一社長

取締役社長 南 章一

私たちは、経営ビジョンに基づき「安心」・「快適」でわくわくする明るい未来づくりをめざしています。 そのためには、当社ソリューションの提供だけではなく、私たち自身もデジタルデータや最先端の技術を活用した経営の最適化を図る必要があると考えています。

日立ソリューションズ・クリエイトでは、当社の得意技術を活かしたデジタルトランスフォーメーション(DX)を社員一体となって推進するとともに、そこで得たさまざまな知見を当社ソリューションに活かすことで、お客さまや社会のDXの実現にも貢献してまいります。

当社におけるDXの取り組み

当社では、経営方針のもと、加速する事業環境の変化に対応するため、当社自身のDXに取り組んでいます。
「わくわくをあなたと 〜想像を超える明日を創造する〜」という経営ビジョンのもと、当社ITシステムのあるべき姿を定義し、「データドリブン」「営業活動強化」「業務改革」「セキュリティ強化」を4つの解決すべき課題とし、さまざまなDX施策を推進しています。
また、当社自身のDX推進を通じて得たノウハウをお客さまに提供することにより、お客さまのDX実現に貢献します。

【データドリブン】
 ・社内に蓄積された経営データの利活用による経営・事業の意思決定促進
 ・データ活用基盤システムの有効活用による社内課題解決

【営業活動強化】
 ・取引データの分析・可視化によるマーケティング強化
 ・サービス契約・更新・保守のシステムワンストップ化による顧客接点強化

【業務改革】
 ・社内に点在するデータの集約・視える化による業務の最適化
 ・各種業務のデジタル化による業務改革

【セキュリティ強化】
 ・最適なIT提供とセキュリティ強化
 ・社内資産情報の可視化によるセキュリティ対策推進革
 ・統計データを活用したサイバーセキュリティ対策推進

DX推進組織

当社では、DXを加速すべく『経営戦略統括本部』が当社自身のDX化を推進しています。
また、『デジタルトランスフォーメーション第一事業部』と『デジタルトランスフォーメーション第二事業部』では、社外のお客さまへのDX支援の提供と社内のDX施策浸透をおこなっています。

当社で取り扱う各デジタルソリューションを積極的に社内活用し、成功に導くとともに、本プロジェクトで得たノウハウをお客さまに提供し続けています。

DX推進組織

デジタル人財の育成

デジタル人財の育成においては、データサイエンティストやAI、セキュリティといったスペシャリストの育成と、基本的なIT・ビジネススキルの教育を推進していきます。

スペシャリストについては、日立が独自に定めるITビジネスに貢献できる10種類のプロフェッショナル人財の認定制度(日立ITプロフェッショナル認定制度)の活用と、当社独自に設定したクラウド・AI・セキュリティ技術者の育成計画の中で、DXを支えるハイレベル技術者の育成・強化を体系的におこなっています。

基本的なIT・ビジネススキルについては、日立グループの教育体系に則って全社員を対象に教育プログラムを提供しています。

デジタル技術活用環境の整備

最適なIT提供による事業/経営へ貢献することを目的に、各システムの環境整備を実施しています。

 ・経営ダッシュボード
  経営・事業の運営状況を分析、意思決定を促進するBIコンテンツの提供・整備
 ・営業分析システム
  顧客や業務領域をヒートマップ化し分析・把握できるSFA・MAツールの提供・整備
 ・サービス事業統合システム
  契約管理業務において顧客及び営業部門の利便性を考慮したワンストップシステムの提供
 ・仮想オフィス
  さまざまなワークスタイル改革を実現するための自社商材(仮想オフィスサービス等)の社内活用環境整備
 ・社内ITシステム刷新
  老朽化した社内システムの計画的な刷新によるDX実現環境の整備

DX推進の達成状況の指標

当社では、下記2つをDX推進達成度の指標と定め、定期的にモニタリングし、施策の是正・追加を行いながらDXを推進していきます。

 ・当社が解決すべき4つの課題に対する推進スケジュールの進捗度と目標の達成度
 ・デジタル人財の育成者数