ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

Pickup2018年度新入社員座談会

就職活動を進める中で、日立ソリューションズ・クリエイトのどのような部分に惹かれていったのか。
そして入社後はどのような研修を経て、どのような働き方をしているのか。2018年4月入社の3人に語り合ってもらいました。

  • 栗山 東眞 サムポローニア本部
    2018年入社 国際関係法学科卒
    司法書士向け業務アプリケーションの開発を担当。設計・開発・検証のサイクルをまわす日々において、新入社員研修のものづくり課題を活かしている。
  • 稲川 麻織奈 産業・流通システム事業部
    2018年入社 自然システム学科卒
    インフラの設計や構築、テスト等の作業を担当。保守依頼の問い合わせ対応および保守作業を実施。
  • 茂松 浩平 金融システム事業部
    2018年入社 情報工学科卒
    大規模金融システムの業務アプリケーションの開発に参画。現在、アプリケーションのテスト・検証を行っている。

就職活動時の、皆さんの業界・会社選びのポイントを教えていただけますか。

栗山
自分のやりたいことができそうで、楽しそうと思える仕事や会社を探していました。
マニュアルに沿って仕事をするスタイルの職種より、学ぶ機会も多く、時代とともに成長していけそうなSEの仕事に興味を持ちました。
稲川
私は業界を絞らずに就職活動をしました。大事にしていたのは、自分が働くことをイメージしたときに働きやすい会社・仕事なのかどうか、という点でした。
茂松
働きやすい会社とかは、どうやって見極めてたの?
稲川
説明会など、社員の方から直接お聞きする「どんな働き方をしているか」についてのお話とか、オフィスの雰囲気とか、実際に自分が足を運んで感じられたことで判断していたかな。
特に、女性社員の方からは女性が働きやすい会社かどうかを聞き出そうとしていました。
茂松
私の場合は、お二人ほど真面目な動機ではなく(笑)、大阪で過ごしてきたので「東京で仕事がしたい」、という点で考えました。東京ということは一人暮らしになるから、寮があるかどうかや住宅補助など福利厚生面も気にしていたかな。
稲川
福利厚生は私も重視してたかな。
茂松
職種選びという点では専攻分野の情報系の知識を活かすか、興味のあった別業界か悩んだんだけど、大学で学んだ知識を活かそうと思ったこと、ワーク・ライフ・バランスなど自分が働く環境としてどうかという点を重視して、IT業界に的を絞ることにしました。

日立ソリューションズ・クリエイトを選んだ決め手はなんだったのでしょう?
理由を教えてください。

茂松
就職活動でいろいろな会社の座談会などに参加しました。IT企業の多くは堅いイメージが強かったのに対し、弊社の社員の方々は質問した事に対して、プライベートの話をしてくれたり、私自身についても興味を持って話してくれていると感じたので、ここなら、自分の個性を出しながら、わいわいと楽しく仕事ができるのではないかと思い、直感的に入社を決めてしまいました。
栗山
直感的に人の良さを感じた、という点は私も一緒です。
それから、IT業界は大きく分けて3つのタイプに分類できると思っていて、一つめは真面目に技術のみに向き合うタイプ、二つめは、いろいろなタイプの人が集まって、技術的にも幅広い会社、これが当社だと思っています。最後はいわゆるITベンチャーと言われるようなところですね。その中で自分は多様な人が集まっているのが面白いと思いました。
新人の頃は、仕事を教えてもらったり、時には間違いを指摘されることもあります。そんな時にも何故やらなければいけないかとか、どうして間違っているのかをきちんと伝えて欲しいと思うので、当社なら、色々なタイプの人がいて、色々な価値観があって、周囲の人からの指摘も、別の考え方や価値観に触れる機会になって自分の成長にもつながるんじゃないかと思えたので、志望しました。あとは、日立グループの安定性にも惹かれて入社を決めました。
稲川
私の場合は、社員の方の人柄もそうですが、社員同士がフランクに仲良くコミュニケーションを取っている様子を見て、ここでなら気持ちよく仕事に取り組めそう、と思って入社したいと思うようになりました。
女性のライフイベントに関する制度が充実している点、女性の活躍を支援しようという意志を、リクルーターの方や人事の方々から感じたことも大きかったです。
茂松
当社の座談会で会ったリクルーターの方は、仕事の話だけでなく、プライベートの話もしてくれた姿が好印象でした。人柄のわかるコミュニケーションで社会人としての生活がイメージ出来たし、仕事ばかりの話よりも質問しやすくて盛り上がりましたね。
栗山
学生に対する距離の縮め方も良かったよね。

入社後の新人研修はどんな感じでしたか。

茂松
期間はトータルで入社後の約3か月間になります。
栗山
内訳はJavaなどプログラミングを学ぶ内容が4割程度、その他基礎的な技術に関する内容が4割、残りがビジネスマナーなどの社会人としての基礎の内容だったと思います。
私は文系出身で、理系に比べると基礎知識が足りていない状態でしたが、“置いていかれる”という状況にはなりませんでした。というのも、新人研修は日立グループ専門会社の方が講師で、文系がつまずくであろうポイントをしっかりわかっていて、サポートしてくれました。
稲川
それから、5〜6人で組む班のメンバー同士で教え合う環境があったのも良かったですよね。
講師の方が、一方的に教えるというよりは「自分たちで学びなさい」というスタンスで臨んでくれたからかな。主体的に学ぼうという雰囲気がありました。
栗山
各班のメンバー構成もバランスが良くて、情報系出身者、それ以外の理系、そして文系がほぼ均等に配置されていたね。
茂松
そうそう。その配置が機能したのが、研修最後の「システム開発演習」というチームでものづくりに取り組む課題だったね。2週間程度で簡単な“会議室予約システム”をつくるという課題だったのだけど、ここでは情報系が班をひっぱりつつ、各メンバーが役割分担をして基本設計から取り組むことが出来ました。
栗山
この課題を通じて、まずはプログラミングの基礎が身につけられたことが効果としては大きかったと思います。それから、わからないことを聞く能力が身についたことも良かったですね。
最初は、班で交わされている会話の専門用語すらわからなかったけど、それらを理解したことで、今は自分が何を理解していないのか、何を教えて欲しいのかを明確にして質問できるスキルが身について、それが今も活かされています。
稲川
私の班は、システムの完成まで様々なポイントで壁にぶつかりました。そのことでチームで開発を進めていくことの難しさを経験できました。行き詰まった時に自分はどうすればいいか、という対処の方法を身につけられました。
茂松
演習では設計から開発までのプロセスを経験しました。しかし今、私の業務は開発後のプロセスなので、演習で経験したことが活きてくるのはこれから先だと思うけど、栗山君の感想に近いところで言えば、何につまずくのか原因を意識して具体的に聞く習慣は大切だと実感しました。後は、人に言われた事をそのままやるのでなく、自分なりのやり方や、効率良く物事を進めるにはどうすべきかなど、自分の意見を物怖じせずに伝えることも大事だなと感じています。

周りにどんな人がいて、どのような環境で働いていますか。
ワーク・ライフ・バランスはいかがですか。

茂松
同期については真面目一辺倒ではなく、いろいろな個性を持った人がいるという感じかな。周囲の方も、ONとOFFの切り替えがうまい人、仕事中もユーモアや仕事以外の雑談を忘れず、良い雰囲気を作ってくれる人が多いと思います。私にとってはそういう人達と働けるのは居心地が良いと感じていますね。
稲川
個性豊かって感じがしますね(笑)。
新人研修中でも休憩中など同期の個性が見えてきましたね。筋トレ好きや鉄道マニアもいて、いろいろな話を聞けたのも面白かったです。
栗山
全体のイメージでいうと、スポーツ系のキャプテンをやるようなタイプも、インドア系の人も一緒になって、仲良くやってるようなイメージだね。いろんなタイプの同期がいるよね。
今の部署の先輩たちもそれぞれ個性が違っていて、丁寧に教えてくれる人、指導に遊び心が必ず入っている人、私の成長を考えてテーマを与えてくれる人とか、いろんなタイプの方がいますね。
稲川
ワーク・ライフ・バランスの点で言えば、休みはとにかく多いと思います。
栗山
毎週水曜日の定時退勤日は申請しないと残業できないしね。
茂松
ただ、当然波はあるよね。今、私の仕事がちょっとピークに差し掛かっていて、ここ2日くらいは遅い時間での帰宅になっている状況です。
栗山
私も忙しい時とそうでない時の差はあるけど、今はある程度自分の裁量で仕事を進めることができるので、締切時期を考えてある程度はコントロールはできます。その分、進め方の分配を間違えると後が苦しいので気をつけていますが。
稲川
私は、丁度プロジェクトが終わった区切りで、今は定時退勤ですね。産休・育休を取っているという話もよく聞きますね。当社はイクボス企業同盟※に参画していて、管理職が率先して仕事と生活の両立を推進しているのもありますね。
茂松
私の部署には、男性先輩社員で育休を取った方もいます。ご夫婦で同時に育休とったという話も聞きました。

今後の目標を聞かせてください。

茂松
今は、与えられた業務をいかに効率よくやるか、ということを考えながらやっています。数年後は自分が後輩に対して指示が出せるだけの力を持っていたいですね。また、開発段階からプロジェクトに関わって、メンバーの意見も踏まえつつ自分の意見を開発に反映できるだけの技術力や見識も身につけたいです。
稲川
まだまだ知識やスキルが足りていないと自覚しています。今はインフラ構築や保守作業時に生じる問題に対して原因を突き止めたり対処を考える事が一人でできる状況では無いのですが、インフラの知識や技術をもっと勉強していきたいと思っています。
栗山
今は、“仕事が楽しい”と思える状態です。まずは、この好奇心をずっと維持していきたいということがベースにあります。そのベースを基に、技術のことや、広く社会一般のことをどんどん学んで、組織のマネジメントを任されるくらいの実力をつけていきたいですね。

最後に、日立ソリューションズ・クリエイトに興味を持っている学生の皆さんに、メッセージをお願いします。

栗山
自分自身が興味があること、やりたいことをしっかりと見極めて、そういう想いが実現できる会社を見つけてください。当社でなら、いろいろな個性に囲まれて、あなたのやりたいことが実現できる可能性は大いにあると思います。
稲川
情報系の学生の皆さんはもちろん、文系などそうでない方でも、IT業界では成長するチャンスはたくさんあります。
研修が充実している当社なら、より大きな成長を期待していただいていいと思います。ぜひ、一度説明会に参加してみてください!
茂松
Webなどの媒体だけではなく、説明会や座談会などに足を運んで、直接社員と話したり、雰囲気を感じてみることはとても大切だと思います。大学時代は、研究や勉強においては単独で取り組む状況も多いですが、社会に出て働いてみると仕事のほとんどはチームプレイ。ですから、どんな人と働くのかを確かめることは大事です。説明会で皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

※イクボス企業同盟とは:女性活躍推進やイクメンなど社員が多様化する時代において、「イクボス」の必要性を認識し、積極的に自社の管理職の意識改革を行って、新しい時代の理想の上司(イクボス)を育てていこうとする企業のネットワーク。

Recruit

ページの先頭へ