ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

新型コロナウイルスの影響により経済活動は鈍化し、DXの加速が求められる昨今、EDIのさらなる活用はますます重要となります。
そんな中、2024年のINSネット(ディジタル通信モード)終了により、従来型EDIを利用する企業は、インターネットEDIへ移行していく必要があります。
本セミナーでは、EDIをとりまく現状を踏まえ、インターネットEDIへの移行方法や、電子帳簿保存法等にも対応するEDIのさらなる活用方法を具体例を交えてご紹介します。

本セミナーは終了しました。
ご参加いただき、まことにありがとうございました。

開催概要

開催日時 2022年2月22日(火曜日)15:00〜16:00
セミナー名 インターネットEDI移行方法とデータ連携基盤活用のすすめ
〜INSネット(ディジタル通信モード)終了まで待ったなし!〜
会場 オンライン
費用 無料
参加方法 本ページ下部にあります「参加お申し込み」よりお申し込みください。
開催日前日に当社より参加方法をメールにてご案内いたします。
主催 株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト
共催 株式会社 データ・アプリケーション

プログラム概要

15:00〜15:30
(30分)

第1部
2024年問題が迫る…インターネットEDI移行手順のご紹介


これまでのEDIの主要な通信回線であったINSネット(ディジタル通信モード)は、2024年1月に廃止となります。
いよいよ迫ってきているこの「2024年問題」に対し、具体的にどのような策を講じていけばよいのか。
第1部では、EDIをとりまく問題と各業界の動向を整理し、当社が提案するインターネットEDIへの移行方法をご説明します。

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト
営業統括本部
田邉 拓海

15:30〜16:00
(30分)

第2部
単なるEDIに留まらない! ACMS Apex活用方法のご紹介


インターネットEDI対応によって迫られる新たなEDI基盤。
単なるEDIではなく、さらなる付加価値を生み出す社内外のデータ連携基盤として利用する事はできないものか。
電子帳簿保存法やインボイス電子化など今後のEDIをとりまく環境の変化を俯瞰しながら、ACMS Apexの活用方法をご説明します。

株式会社 データ・アプリケーション
マーケティング本部
シニアコンサルタント
中井 基雄

株式会社 データ・アプリケーション
営業本部第2営業グループ
福本 剛士

参加お申し込み

下記リンク先にて必要事項を入力の上、お申し込みください。

  • * お申し込み受付後に、メールにて受付完了をご案内いたします。
  • * お申し込み後1週間経過してもご案内が届かない場合は、恐れ入りますが当社までご連絡願います。
  • * お申し込みが多数の場合は参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
  • * 同業他社様からのお申し込みは参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
  • * 開催日前日に、当社より参加方法をメールにてご案内いたします。(当日10:00までにご案内が届いていない場合は、恐れ入りますが当社までご連絡願います)
日程 セミナー名 参加お申し込み
2022年2月22日(火曜日)
インターネットEDI移行方法とデータ連携基盤活用のすすめ
〜INSネット(ディジタル通信モード)終了まで待ったなし!〜

受付終了

関連ソリューション

本セミナーに関するお問い合わせ先

出展内容に関するご質問は、以下へお問い合わせください。

  • 株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト マーケティング・プロモーショングループ
    [担当:日吉・楊]
  • Mail:hsc-s-seminar@mlc.hitachi-solutions.com

お問い合わせ

  • お問い合わせ 資料請求はこちら