ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

企業間・企業内のデータを統合管理 ACMS Apex

企業間、企業内のデータを統合的に管理し、新たなイノベーションを生み出すエンタープライズ・データ連携基盤です。
ACMSシリーズの「最上位」モデルとして、データ連携におけるセキュリティ対策、事業継続性、クラウドの活用などの各種課題を解決します。 取引先とのデータ連携においては、ACMSシリーズが培った豊富な実績が柔軟かつ信頼性の高い運用をサポートします。社内のデータ連携においてはデータ連携基盤として不可欠なファイル転送やデータ変換、ジョブ管理などの機能を提供します。社外・社内のデータを統合した戦略的なデータ活用の仕組みを提供可能です。

用途に合わせ柔軟に機能を組み合わせることで既存資産を有効に活用可能です。
またビジネス上の課題に合わせ段階的に拡張していけるよう「スタンダード」「エンタープライズ」「プロバイダ」の3つのエディションをご用意しています。

※上記記載の機能のうち、以下の機能については開発中です。実装時期についてはお問い合わせください。

  • Webアプリケーション開発
  • データ保全(ACMS Apexレプリケーション)

『ACMS Apex』の特長

高い可用性とセキュリティが叶える安心・安全なデータ連携

プロセスの二重化

サーバ上のACMS Apexのプロセスはすべて二重化しており、メインプロセスに障害が発生した場合でもバックアッププロセスにリアルタイムに処理が引き継がれます。

ACMS Apexクラスタ

統合管理サーバと代替サーバもプロセスと同様、サーバ障害時には代替サーバがリアルタイムに統合管理サーバに昇格し、処理を継続します。

データの散在防止、PCI DSS準拠の暗号化でのサーバ間通信と保管データ

ACMS Apexのデータ連携では、分散したサーバ上にファイルのコピーを置くことなく、リモートでファイルを参照します。これにより、データの散在を防止します。また、サーバ間通信と保管データは、PCI DSS準拠のSSL/TLSで暗号化され情報漏えいを防ぎます。

※ PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard):クレジットカード業界のセキュリティ標準です。クレジットカード会員情報を安全に取り扱うことを目的として策定され、企業の業務システムでも広く採用されています。

オンラインマイグレーション

システム全体を止めることなく、対象となったサーバごとに段階的にバージョンアップを実施することができます。業務を継続しながら、最新機能を導入する事が可能です。

独立したACMS Apex間をシームレスに連携するAI(ACMS Apex間連携)機能

本社やグループ企業にACMS Apexを独立して導入していれば、フローの連携をはじめ、データ連携・リソースの共有が可能です。
ACMS Apex間連携においてもデータは暗号化され、セキュアな連携を実現します。さらに、運用権限の設定により、独立した複数のACMS Apexを一貫して管理できます。

関連キーワード