ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

社内問合せ業務の負担を解消 AIプラス チャットボット案内サービス

セミナー
情報

  • 当社の事例からチャットボット選定・導入の秘密を大公開するオンラインセミナーを開催中です。
    入門編と運用編を開催していますので、以下のリンクよりご確認ください。
  • セミナー詳細はこちら

「AIプラス チャットボット案内サービス」は、予め準備された質問と回答によるFAQデータを利用して社内からの問い合わせ業務をサポートし、問い合わせ業務にかかる時間を短縮します。特に、テレワークの増加により会社規則や社内システムへの質問が増大しやすい人事総務部門や社内システム担当部門には大きな効果が期待できます。

このような課題を解決します!

課題

  • 社内システムの問い合わせ対応に追われ、労働時間が増加している
  • 本社・支社・部門など複数部門に関わる質問の場合、社内確認のため問い合わせ回答に時間がかかってしまう

解決

  • 自動応答による案内で担当部門の負荷を軽減
  • 複数部門にまたがる質問でもチャットボットが適切な回答を表示し、迅速な回答を実現

『AIプラス チャットボット案内サービス』の特長

短期間で導入可能

一般的にチャットボットを使い始めるためには事前に多くのFAQデータを準備する必要があります。
運用担当者には事前のFAQデータをとりまとめて準備し、メンテナンスを続けていくといった作業が発生します。当社のチャットボット案内サービスでは運用中にも随時FAQデータの追加が可能なため最低限のFAQデータで短期間で導入でき、運用担当者への負担も軽減できます。

FAQのメンテナンス負担を軽減

回答文章の統合

当社が提供するチャットボット案内サービスではAIを搭載しており、同じ意味の質問を自動抽出し質問を統合します。この機能により全体FAQ数の増加を抑止し、FAQのメンテナンスにかかる負担を軽減します。

振り分け支援機能

回答が設定されていない質問に対しては、AIがどの部門にFAQメンテナンスを依頼すればよいかを判断し質問を振り分けます。
複数部署が関わる問い合わせのFAQメンテナンスを、チャットボットの振り分け支援機能でサポートします。

使い続けることで問い合わせへの回答精度を向上

チャットボットが答えられない質問を減らすためにどうすればよいか、蓄積した問い合わせの履歴をグラフィカルに表示して分析を支援します。
FAQの数が足りていないのか、FAQの数は足りているが学習データを強化する必要があるのかを把握できるため、チャットボットの回答精度を高めるためのメンテナンスを継続して実施できます。

社内問合せ業務の負担を解消「AIプラス チャットボット案内サービス」の活用事例

事例01自治体内部事務システムにおける問い合わせ自動応答サービスに活用

株式会社 日立ソリューションズ西日本が提供する「自治体向けAIチャットヘルプデスクサービス」内で当社チャットボット案内サービスを活用いただいています。
システムの操作方法や運用方法に関する問い合わせに自動応答することにより、業務負荷を軽減します。

【日立ソリューションズ西日本】
自治体向けAIチャットヘルプデスクサービス
https://www.hitachi-solutions-west.co.jp/products/public/ai_chat/ (外部サイトへ遷移します)

事例02「人事総務部門」で活用

就業時間の30%※近くを占める電話による「問い合わせ」への対応の負担を軽減します。

※当社の事例による想定
・就業時間中1時間に4〜5回の問い合わせ電話
・平均して3〜5分程度の対応時間

事例03「製品保守・社内システム管理部門」で活用

技術伝承が難しい、専門的な「問い合わせ」に関わる対応業務の効率化を支援します。

関連ソリューション

当社では「新しい生活様式」で生まれる課題への解決策を、さまざまなソリューションで提供します。詳細は、以下のリンクよりご覧ください。

関連キーワード