ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

食事画像判定・栄養情報提供サービスの強み

「食事画像判定・栄養情報提供サービス」は、手間のかかる食事・栄養管理を手軽・簡単に行えるだけでなく、Web APIでの提供により、お客さまの稼働中サービスに簡単にアドオンできる特長を持っています。また、クラウド環境での提供のため、短時間での導入や、1か月単位の利用も可能です。

1.簡単・便利なシステム

    食事・栄養管理を行う際に手間となるのが、複数の料理で構成される食事から、メニューごとに含まれる食材の栄養素を算出し、記録することです。たとえば、「主食」、「汁物」、「主菜」、「副菜」と複数のメニューで構成される夕食の栄養管理をする場合、メニューごとに、どのような栄養素を持ち、どのくらいカロリーがあるのかを算出し、記録する必要があります。さらに、1日の必要摂取量などを算出する場合は、まず対象者の必要摂取量を算出しなければならず、別の手間が発生します。
    「AIプラス 食事画像判定・栄養情報提供サービス」は、こうした手間を食事画像を1枚撮影するだけで、解決します。

食品関連分野

写真1枚を独自のAIが解析し、複数の料理領域を抽出。個々の料理を判別し、食事記録の手間を軽減します。

医療・介護分野

抽出された料理領域のメニュー名を独自のAIが解析。約800種の学習済み料理データからメニュー名を推定し、標準的なレシピ(原材料名)を表示します。

健康管理分野

食品成分表(7訂)のデータから1食分の摂取栄養素やカロリー情報を提供します。

2.独自のサービスにアドオン可能

    Web API提供により、すでに稼働中のお客さまのサービスにアドオンが可能です。これにより、独自性の高いサービスを維持しながら、さらに付加価値を提供できます。

独自のサービスにアドオン可能

3.短期間・低コストに利用可能

    利用環境はクラウド環境となるため、ご利用のお申し込みから最短10営業日程度で、利用が開始できます。さらに、利用も1か月単位で行えるため、サービスへの適用可否の判断や、検証・評価のための環境を無駄なく用意できます。
    標準学習モデルを利用した場合

短期間・低コストで利用可能

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    ご購入前の商品に関するご質問・ご相談など

    0120-954-536

    受付時間:月〜金(祝祭日を除く)
    10:00〜17:30

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら