ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

ビジネスへのAI技術利用を支援 AIプラス AI教育サービス

お客さまにAI技術の動向、実業務へのAIの適用方法とそのプロセスを理解していただいたうえで、業務の実状に合ったAI利用の体験を通じて、構想の具体化を支援するコンテンツを提供いたします。
また、必要とされるAI技術の内容などに応じて、教育コースを3つご用意しています。上位職や、非技術者である営業員などに向けたAIの基礎技術を学ぶものから、AIの実践的活用のための技術を学ぶものまでご用意していますので、状況や立場に応じてご希望のものをお選びいただけます。

このような課題を解決します!

課題

  • 自社の課題をAIで解決できるのか分からない
  • どうやってAI活用プロジェクトを進めればよいのか分からない
  • どうやってAIを実装すればよいのか分からない

解決

  • AIの使いどころがわかるから投資判断ができる
  • AIプロジェクトの成功に向けたプロセスが理解できる
  • ディープラーニングの開発手法が習得できる

『AIプラス AI教育サービス』の特長

現場を知る講師による教育

AIの知識だけでは、業務システムへのAIの導入はできません。豊富なシステム構築の経験を有する講師が、IT業界の現場でのAI技術に関する取り組みや課題を実例を交えて解説。「AIが何かは分かったけれど、どこにどう使うのか分からない」という疑問に答えます。

体験型学習による、より身につく学習

「AI技術概論コース」、「ディープラーニング実践コース」では、AI開発に重要な「アノテーション」や「AIモデル(学習モデル)作成」を体験できます。
お客さまのご要望に応じて、実データ持ち込みによる簡易PoC(概念実証)も演習に組み込めます。これにより、より実践的なAI学習体験が可能です。

高い技術力を持った講師による教育

当社には、AIに関する国内外のコンペティションで上位入賞した技術者が在籍しており、こうした国内トップクラスの技術者のナレッジをベースにした教材を使用します。
また、講師陣もディープラーニング知識(E資格取得者*)を有しており、AI技術を分かりやすく解説します。

*日本ディープラーニング協会が実施するJDLA Deep Learning for ENGINEER資格試験

関連キーワード