ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

AIプラス AI教育サービスコース概要

キャプション
コース 対象者
AIビジネス概論コース ビジネスにAIを適用しようとしている方
AI技術概論コース AI技術を活用した情報システムの開発を行いたい方
ディープラーニング実践コース 業務でディープラーニングのモデルを作成し、画像分析を行いたい方

1.AIビジネス概論コース

AIビジネス概論コース
コース概要 AIを活用して業務効率の向上のために必要な、AIに関する全般的知識の習得をめざします
到達目標
  • AIの技術動向を理解できる
  • 業務へのAIの適用方法を理解できる
  • AI案件の推進プロセスを理解できる(計画、構築、保守各フェーズ)
対象者 ビジネスにAIを適用しようとしている方
前提知識 ビジネスにIT活用をした経験がある方
教育内容
  1. オリエンテーション
  2. 最近のAIの話題
  3. AIとは
  4. AIを取り巻く状況
  5. ディープラーニングとは
  6. AI案件のすすめ方
  7. 必要なハードウェア、ソフトウェア
  8. AI案件で注意すべきこと
  9. 当社のAIへの取り組み

2.AI技術概論コース

AI技術概論コース
コース概要 座学およびPCを使用した演習により、AI技術を活用した情報システム開発の取りまとめに必要な知識を学習します
到達目標
  • AIの概要や使用方法などを理解し、適切な技術を選択できる
  • PoCを計画し、結果を評価して投資判断ができる
  • AI技術を活用した情報システムの開発を、リーダーとして推進できる
対象者 AI技術を活用した情報システムの開発を行いたい方
前提知識 情報システム開発経験がある方または同等の知識をお持ちの方
教育内容
  1. オリエンテーション
  2. AI/ディープラーニング概要
  3. ディープラーニングの使い方
  4. ディープラーニング体験演習
  5. ディープラーニングの仕組み
  6. ディープラーニングの実用
  7. AI適用における評価方法
  8. 商用サービス紹介
  9. AI適用における可否判断およびあい路
  10. AIシステム構築の進め方(契約の注意点)
  11. 当社のAIへの取り組み

3.ディープラーニング実践コース

キャプション
コース概要 Keras*を使った実践的なディープラーニングの開発手法の習得をめざします

*機械学習用ライブラリ

到達目標
  • 画像分類のモデルが作成できる
  • 物体検出のモデルが作成できる
対象者 業務でディープラーニングのモデルを作成し、画像分析を実施したい方
前提知識
  • AI技術概論コース習得済みの方、または同等の知識をお持ちの方
  • 情報システムの開発プログラミング経験がある方
教育内容 【1日目】
  1. オリエンテーション
  2. ディープラーニング概要
  3. ディープラーニング体験演習
  4. 精度の評価方法
  5. Pythonの基本文法の説明
  6. 多層パーセプトロン
  7. 精度を上げるためのテクニック(1)
【2日目】
  1. オリエンテーション
  2. 畳み込みニューラルネットワーク
  3. 精度を上げるためのテクニック(2)
  4. ネットワーク構造
  5. オリジナルデータを使う
  6. 転移学習
  7. 判断根拠の可視化
【3日目】
  1. オリエンテーション
  2. 物体検知
  3. テキスト分類
  4. しきい値の調整
  5. ディープラーニングの応用例
  6. 数値データの回帰
  7. コンペティション形式演習

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら

AIプラス

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    ご購入前の商品に関するご質問・ご相談など

    0120-954-536

    受付時間:月〜金(祝祭日を除く)
    10:00〜17:30

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら