ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

社内への無線LAN構築を支援 無線LANソリューション

大規模ネットワークやミッションクリティカルなシステムまで手がけ、培ってきた豊富なノウハウと、高いセキュリティを誇る無線LAN(Wi-Fi)製品を、組み合わせたソリューションです。無線LAN(Wi-Fi)を、オフィス環境の事前調査から、導入後の運用保守まで、ワンストップサービスでご提供します。

このような課題を解決します!

課題

  • 来客用、社内用会議室など特定の場所にパソコンやタブレットを持ち込み、ネットワークに接続してリモート会議を行いたい
  • 無線LAN(Wi-Fi)を導入・運用ノウハウが無く何をしたら良いか分からない

解決

  • 社内に無線LAN(Wi-Fi)を設置し、様々な場所からネットワークへの接続を実現
  • 設置場所の事前調査から導入後の運用保守まで、ワンストップで対応

『無線LANソリューション』の特長

無線LAN事前調査サービス

お客さまのご要件を詳細にヒアリングを実施
現状の電波状態をチェックして、最適なアクセスポイント設置個所を調査
最適なシステム構成を設計して御見積を提示

無線LAN設計・設定サービス

導入するシステム構成に応じた詳細設計を実施

無線LAN構築サービス

詳細設計を元に、アクセスポイント、無線コントローラ等の設定を実施
システム設置後の動作検証を実施
※ご要望に応じて工事の手配も代行いたします。

無線LAN運用・保守サービス

運用開始後の電波調整等のメンテナンスを実施
トラブル発生時の調査を実施

セキュリティ強化策

セキュリティ製品と組み合わせ、無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティ機能を、さらに強化。
より信頼性の高い利用環境を構築します。

(株)日立ソリューションズの情報漏洩防止ソリューション 「秘文」を組み合せたセキュリティ強化策

業務にノートPCやタブレット端末などの導入は、便利さ向上の反面、どこでも簡単に持ち出せるため、情報漏洩のリスクが常に伴います。
お客さまのニーズに合わせ、「秘文」がサポートするさまざまな情報漏洩防止機能をフルに活かしたシステムを構築することが可能です。

(株)日立ソリューションズの不正接続防止ソリューション 「オープンネット・ガード」を組み合せたセキュリティ強化策

「オープンネット・ガード」がサポートするMACアドレス認証により、個人持ち込みPCなど不正端末の無線LAN環境への接続を検知し、排除します。

社内への無線LAN構築を支援「無線LANソリューション」の活用事例

事例01東名阪にまたがる全社レベルの大規模構築の場合

【お客さま要件】
各工場で働く作業者にモバイル端末やノートPCを持たせて、データの蓄積や収集・分析をリアルタイムに実施し、作業効率向上を図るため、全社規模で無線LANを導入する。

【システム構成】
無線LANコントローラ(DWS-3160-24TC)を冗長化構成で構築。各倉庫に無線APを設置。
本社と接続するためのVPNスイッチおよび、コアスイッチを構築。

【システムの特長】
業務ごとにセグメント(SSID)を分け、通信席の制御を実施し、セキュリティを確保。
APの使用率があらかじめ設定した閾値に達した場合、新たなクライアント接続を遮断(ロードバランス機能)。
自動で各APの無線出力を調整し、無線ネットワークを最適化(自動送信電力調整)。
各APのチャンネルを自動的に最適化し、隣接APのチャンネル干渉を防止(自動チャネル調整)。

東名阪にまたがる全社レベルの大規模構築の場合

事例02本社建屋内の中規模構築の場合

【お客さま要件】
無線LAN導入に際し、会社が認可していないノートPC、モバイル端末の持ち込み接続を排除する。

【システム構成】
無線LANコントローラ(ARUBAコントローラ)は冗長化構成。
無線接続時の認証として、MACアドレス認証を採用。

【システムの特長】
MACアドレス認証を実施することにより、会社が認可した端末のみを社内LANに接続させることが可能。
端末認証を実施することで、社員であっても、私用端末は社内LANに接続不可となり高いセキュリティを保つことができる。

本社建屋内の中規模構築の場合

関連キーワード