ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

変化に強い開発スタイルの実現

協創型DevOpsソリューション

『協創型DevOpsソリューション』では、DevOps・アジャイル手法の知見を持った「DevOpsチーム」が、お客さまとともに課題へ取り組んでいきます。

このような課題を解決します!

課題

  • 開発依頼したシステムが思っていたものにならず、結局利用しなくなってしまう。
  • 安定稼働と新機能リリースがトレードオフの関係になってしまう。
  • ビジネス要件が次々に変化し、それらを整理して開発していくノウハウがない。

解決

  • お客さまと常に開発をともにし、ビジネスとシステムの乖離を防止します。
  • コンテナ技術を活用した、自動リリースや自動テスト、監視基盤の構築により、アプリケーションの安定した運用を実現します。
  • アジャイル開発経験の豊富なチームが、開発項目の整理・開発まで強力にサポートします。

『協創型DevOpsソリューション』の特長

「DevOpsチーム」がお客さまと一体となり推進

アジャイル・DevOpsに関するスペシャリストで構成された「DevOpsチーム」が、お客さまと一体となって、スクラムチームを構成し、「自動化による確実なビルド&リリース(CI/CD)」、「コンテナ型仮想化」、「インフラ管理をコードとして扱うIaC(Infrastructure as Code)」を推進します。
各スペシャリストの知見を利用して、変化に強い開発を実現します。

「DevOpsチーム」がお客さまと一体となり推進

『協創型DevOpsソリューション』で提供するサービス

PoC支援サービス

PoC支援サービスでは、Webアプリケーションの新たなアイディアや企画、構想(コンセプト)に対し、それが実現可能なのか、市場に受け入れられそうなのか、といった効果や技術的実現性を、「DevOpsチーム」がお客さまと一体になって、検証します。

  • 実証検証(PoC)のためにアプリケーションの開発を支援します。
  • お客さまからの提案をもとに、MVP*1を定義し、Webアプリケーション開発を実施します。
  • お客さまの環境にDevOps基盤(CI/CD等)を適用し、開発効率を向上させます。
PoC支援サービス

アジャイル開発支援サービス

アジャイル開発支援サービスでは、「DevOpsチーム」がお客さまと一体になって、常に本当に必要なものをキャッチアップしながら推進し、実際に使ってもらえるモノ(=真の価値)の創出を支援します。

  • 弊社のDevOpsチームとお客さまが一体となりスクラムチームを構成します。
  • アジャイル手法を本格的に適用し、素早く小さな価値を積み重ね、変化に強い開発を支援します。
  • お客さまの環境にDevOps基盤(CI/CD・自動監視・自動テスト等)を適用し、迅速に高品質なアプリケーションの創出を支援します。
アジャイル開発支援サービス

アジャイル開発手法とは

アジャイル開発手法とは

弊社のアジャイル開発では、「DevOpsチーム」のアジャイル開発のノウハウと、日立製作所の「HIPACE*2 Agile Scrum Methodology」の知見を最適に活用することで高い品質確保をサポートします。

*2:HIPACE(ハイペース):システムを効率よく開発し、高品質なITサービスを提供するために体系化された日立製作所のシステム開発方法論。1979年から各種システム開発に適用し、現在まで内容の改変・拡張を重ねている。「HIPACE Agile Scrum Methodology」は、中でもアジャイル開発に特化して整備した開発方法論。

関連ソリューション

システム開発でのデザインや操作性に関する悩みについては、以下「UX/UI開発ソリューション」をご参照ください。