ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

拠点間の文書送達業務を効率化 文書イメージ送信システム

文書イメージ送信システムは、紙をスキャンしたイメージデータを拠点間の送達、ならびに本部送達、管理を支援、事務量にあわせた柔軟な他システムとの連携で最適な効率化を実現します。小規模〜大規模なシステムまで、お客さまの運用に合わせたシステム構築が可能です。

このような課題を解決します!

課題

  • FAXを使用する場合に、誤送信による情報漏洩リスクが伴う
  • 電話で伝達する場合に、不在時、繁忙時の伝達漏れや、折り返しの手間がある
  • 紙を送達する場合は、時間が掛かり、送付側と受付側で事務作業が発生して効率が悪い

解決

  • 社内LANを利用したイメージデータ送信により誤送信を防止します
  • 相手の不在、繁忙の状況を意識することなく送信でき、送受信の案件管理も可能です
  • イメージ送信により即時での情報伝達が可能で、送達事務作業量を低減できます

特長

拠点間のイメージ送受信を効率化

FAXイメージ送信/受信機能でFAXと同様の運用がパソコンから可能となり、FAX機への立ち歩きが不要となります。
また、相手側が話中などの状態も発生しないため即時送受信が可能となり、業務運用の効率化を図れます。

さまざまな業務へ利用できる汎用イメージ送信機能

汎用イメージ送信機能では、画面入力項目(イメージ検索する場合のキーワード)とイメージを紐付けて送信/登録できます。
画面入力項目はパラメータ定義のため、カスタマイズすることなく業務の追加(適用範囲の拡大)が可能です。

保管イメージの集約によりシステムコストを削減

イメージ連携機能により、他システムで保管しているイメージの集約や、集約したイメージの他システムへの転送が可能となり、各システム毎の投資を低減できます。