ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイトAIプラス AI教育サービス

AIプラス AI教育サービス

AI(人工知能)をより深く理解するための教育サービス。学びを通じて、AI技術をビジネスに生かせる知識や技術を身につけませんか? AI(人工知能)をより深く理解するための教育サービス。学びを通じて、AI技術をビジネスに生かせる知識や技術を身につけませんか?

AI技術を学べる、「AIプラス AI教育サービス」

AIプラス AI教育サービスでは、お客さまにAI技術の動向、実業務へのAIの適用方法とそのプロセスの理解、そしてAI技術の活用の体験を通じて、AIを使った事業構想案の具体化を支援する教育コンテンツを提供します。

本サービスでは、必要とされるAI技術の内容などに応じて、3つのコースをご用意しています。上位職や、非技術者である営業員などに向けたAIの基礎技術を学ぶものから、技術者向けにAIの実践的活用のための技術を学ぶものまで揃えていますので、状況や立場に応じてご希望のものをお選びいただけます。

AIビジネス概論コース

AIビジネス概論コース
コース概要 AIを活用して業務効率の向上のために必要な、AIに関する全般的知識の習得をめざします
到達目標
  • AIの技術動向を理解できる
  • 業務へのAIの適用方法を理解できる
  • AI案件の推進プロセスを理解できる(計画、構築、保守各フェーズ)
対象者 ビジネスにAIを適用しようとしている方
前提知識 ビジネスにIT活用をした経験がある方
教育内容
  1. オリエンテーション
  2. 最近のAIの話題
  3. AIとは
  4. AIを取り巻く状況
  5. ディープラーニングとは
  6. AI案件のすすめ方
  7. 必要なハードウェア、ソフトウェア
  8. AI案件で注意すべきこと
  9. 当社のAIへの取り組み

AI技術概論コース

AI技術概論コース
コース概要 座学およびPCを使用した演習により、AI技術を活用した情報システム開発の取りまとめに必要な知識を学習します
到達目標
  • AIの概要や使用方法などを理解し、適切な技術を選択できる
  • PoCを計画し、結果を評価して投資判断ができる
  • AI技術を活用した情報システムの開発を、リーダーとして推進できる
対象者 AI技術を活用した情報システムの開発を行いたい方
前提知識 情報システム開発経験がある方または同等の知識をお持ちの方
教育内容
  1. オリエンテーション
  2. AI/ディープラーニング概要
  3. ディープラーニングの使い方
  4. ディープラーニング体験演習
  5. ディープラーニングの仕組み
  6. ディープラーニングの実用
  7. AI適用における評価方法
  8. 商用サービス紹介
  9. AI適用における可否判断およびあい路
  10. AIシステム構築の進め方(契約の注意点)
  11. 当社のAIへの取り組み

ディープラーニング実践コース

キャプション
コース概要 Keras*を使った実践的なディープラーニングの開発手法の習得をめざします

*機械学習用ライブラリ

到達目標
  • 画像分類のモデルが作成できる
  • 物体検出のモデルが作成できる
対象者 業務でディープラーニングのモデルを作成し、画像分析を実施したい方
前提知識
  • AI技術概論コース習得済みの方、または同等の知識をお持ちの方
  • 情報システムの開発プログラミング経験がある方
教育内容 【1日目】
  1. オリエンテーション
  2. ディープラーニング概要
  3. ディープラーニング体験演習
  4. 精度の評価方法
  5. Pythonの基本文法の説明
  6. 多層パーセプトロン
  7. 精度を上げるためのテクニック(1)
【2日目】
  1. オリエンテーション
  2. 畳み込みニューラルネットワーク
  3. 精度を上げるためのテクニック(2)
  4. ネットワーク構造
  5. オリジナルデータを使う
  6. 転移学習
  7. 判断根拠の可視化
【3日目】
  1. オリエンテーション
  2. 物体検知
  3. テキスト分類
  4. しきい値の調整
  5. ディープラーニングの応用例
  6. 数値データの回帰
  7. コンペティション形式演習

状況や立場に応じて選べる3つのコース。
最適なコースを選んで、
AIに関する知識や技術を身につける!

教育サービスの強み - 高いAI技術と、豊富なシステム構築実績 -

1現場を知る講師による教育

AIの知識だけでは、業務システムへのAI導入はできません。豊富なシステム構築の経験を有する講師が、IT業界におけるAI技術に関する取り組みや課題を実例を交えて解説。「AIが何かは分かったけれど、どこにどう使うのか分からない」という疑問に答えます。

2体験型学習による、より身につく学習

  • 「AI技術概論コース」、「ディープラーニング実践コース」では、AI開発に重要な「アノテーション*1」や「AIモデル(学習モデル)*2作成」を体験できます。
  • お客さまのご要望に応じて、実データ持ち込みによる簡易PoC(Proof of Concept:概念実証)も演習に組み込めます。これにより、より実践的なAI学習体験が可能です。

*1 データに注釈を付与すること。
*2 膨大な量の既存データを法則化/規則化したもの。その法則化/規則化した基準に基づいて、AIが新規データを判別する。

3高い技術力を持った講師による教育

  • 当社には、AIに関する国内外のコンペティションで上位入賞した技術者が在籍しており、教育講座では、こうした国内トップクラスの技術者のナレッジをベースにした教材を使用します。
  • また、講師陣もディープラーニング知識(E資格取得者*3)を有しており、AI技術を分かりやすく解説します。

*3 日本ディープラーニング協会が実施するJDLA Deep Learning for ENGINEER資格試験。

AI教育サービスで、
ビジネスでAIを活用するための
知識や技術を身につけませんか?

日立ソリューションズ・クリエイトの提供する『AI技術』を活用したサービス・ソリューション

AIプラス 画像AIモデル作成サービス

AIプラス 画像AIモデル作成サービス

これまでよりも低コスト、短期間、そして手軽にAIモデル*の作成や、精度検証を行なえるサービスです。

*既存の画像を学習させた判定モデル。

AIプラス 検査・判定ソリューション

AIプラス 検査・判定ソリューション

さまざまな業種で発生している「異常の検知・レベル判定・分類など」の目視検査業務をカメラとディープラーニングを活用したAIを用いて、業務負荷軽減を支援します。

※「AIプラス」は、株式会社日立ソリューションズ・クリエイトの登録商標です。