ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト「新しい生活様式」における働き方とは?

「新しい生活様式」における働き方とは? 情報伝達の迅速化 在宅ワークの環境整備 テレワークの可視化 モバイルワークの環境整備 新しい働き方の人事システム AIによる業務自動化 セキュリティの強化 取引の電子化
「新しい生活様式」における働き方とは?

在宅ワークの環境整備

  • 安定したテレワーク環境の実現

    安定したテレワーク環境の実現

    利用者増加によるシステム遅延など、業務に支障のない安定した環境を実現したい。

  • 行動履歴を手軽に収集

    行動履歴を手軽に収集

    「外勤・出張時の面会相手や時間、経路、訪問場所」などの記録を、システム構築より手軽に実現したい。

  • 負荷経路を分散

    負荷経路を分散

    社内システムをリモートで操作しているが、特定時間にシステムに高負荷がかかっているため、モバイルを活用して負荷を分散させたい。

モバイルワークの環境整備

  • 現場でレポート作成・報告

    現場でレポート作成・報告

    フィールドワーカーによる作業報告やデータ入力のための帰社を廃止し、現場での報告書作成、情報共有が可能な仕組みを作りたい。

  • 外出先でも基幹システムにアクセス

    外出先でも基幹システムにアクセス

    外出先や作業現場でも、モバイル端末を使って社内の基幹システムを利用できるようにしたい。

情報伝達の迅速化

  • 紙ベースの承認フローを廃止

    紙ベースの承認フローを廃止

    申請書への押印など、紙ベースの業務フローをテレワークに対応したものに再構築したい。

  • 労務担当者のリモートワークを推進

    労務担当者のリモートワークを推進

    年末調整申告・安否確認・マイナンバー・ストレスチェックなど、出社しないと対応できない業務をなくしたい。

  • 重要情報の社内周知を徹底

    重要情報の社内周知を徹底

    新型コロナウイルスの影響により会社規則の大幅な改編が発生。全従業員へ効率的かつ確実に周知徹底したい。

取引の電子化

  • EDI化を実現

    EDI化を実現

    テレワークの増加により、取引先がEDI化を推進しているため、自社でもEDI化を進めたい。

  • FAXでの受発注を改善

    FAXでの受発注を改善

    受発注はFAXで行うことがメインとなっているため、出社回数・人数が削減できる新たな仕組みを検討したい。

テレワークの可視化

  • テレワーク中の不正行為を抑止

    テレワーク中の不正行為を抑止

    テレワーク環境でも機密情報を扱う従業員に監視されていることを意識させ、不正行為を抑止したい。

  • テレワークでもシステム変更可能

    テレワークでもシステム変更可能

    テレワーク環境でもシステム変更作業をできるように、環境を整えたい。

新しい働き方の人事システム

  • 従業員の就業状況を把握

    従業員の就業状況を把握

    行動状況(残業、休出、勤務場所など)の事前把握・実績管理を厳密に実施したい。

  • 分析から新たな提案を実現

    分析から新たな提案を実現

    新しい働き方の中での効率的な組織運営、組織生産性の向上について、勤怠状況を分析し、人事部門から提案し実現したい。

  • 従業員一人ひとりの意識改革

    従業員一人ひとりの意識改革

    従業員に勤務状況を通知することで意識を向上させ、労務上のコンプライアンス違反を未然に防止したい。

AIによる業務自動化

  • 社内問い合わせの自動化対応

    社内問い合わせの自動化対応

    新型コロナウイルスの影響により労務関連の社内問い合わせが増加。負荷軽減のために自動応答による案内を検討したい。

  • 属人的業務をAIにより解消

    属人的業務をAIにより解消

    密回避に伴い、出社人数を抑制。ベテラン要員に依存した不良品判別業務を至急自動化したい。

セキュリティの強化

  • 標的型攻撃から自社を守る

    標的型攻撃から自社を守る

    テレワークの普及が進み、サイバー攻撃の脅威が高まっている。高度化・巧妙化する標的型攻撃から自社環境・資産を守りたい。

  • 私用公用デバイスの一括管理

    私用公用デバイスの一括管理

    テレワークにより私物デバイス(BYOD)の利用が増加。公用デバイスも含めて複数のID、パスワードを適切に管理したい。

  • セキュリティ強化でシステム部門の負荷軽減

    セキュリティ強化でシステム部門の負荷軽減

    社内システムのセキュリティを強化して、リモートワークで業務量が増えている情報システム部門の負荷を下げたい。

  • ウイルスメールからの感染を阻止

    ウイルスメールからの感染を阻止

    テレワーク中に増加するウイルスメールを、受信者に届く前にフィルタリングし、感染するリスクを低減したい。

  • サイバー攻撃の脅威に教育で対抗

    サイバー攻撃の脅威に教育で対抗

    テレワーク中を狙って増加する標的型攻撃メールに、従業員一人ひとりが迷わず対応できるように訓練しておきたい。

  • テレワーク中でも、脅威に迅速に対応

    テレワーク中でも、脅威に迅速に対応

    社外での業務により増加する端末の紛失や、不正アクセスによる社内システムの改ざん、不正プログラムの埋め込みを早期に検知したい。

  • 社外からでもセキュリティインシデントに対応

    社外からでもセキュリティインシデントに対応

    情報システム部門もテレワークを推進中のため、社内システムがアラートを出した際の調査に時間を要している現状を改善したい。

  • セキュアなテレワーク環境を実現

    セキュアなテレワーク環境を実現

    急遽許可したテレワーク環境を、恒久的な環境として整備したいが、ぜい弱性がないかサイバーセキュリティの専門家に確認したい。