ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

バイタルデータや問診情報を手軽に収集 健康管理支援ソリューション

健康管理支援ソリューションは、スマートデバイスを用いて血圧計などのバイタルデータや問診情報を手軽・セキュアに収集する機能を提供します。 HDP※に準拠した医療器具であれば、スマートデバイス側に専用アプリを開発しなくても接続・データ収集が可能になるため、健康管理を目的にまずは情報を手軽に入手したいという企業・自治体の皆様を支援することができます。
※HDP(Health Device Profile:医療器具との接続を目的としたBluetooth®のプロファイル)

このような課題を解決します!

課題

  • 健康状態がよくない社員に対し、日々の健康管理を適切に行いたい
  • 自治体における健康増進のため、住民の健康状態を収集・管理したい

解決

  • 健康診断で一定の基準値以上と診断された社員が日々の健康状態(血圧等)を報告することにより、社員の健康状態が悪化する前に適切な指導・健康管理をすることができます。
  • 住民の健康状態(血圧等)データの収集により、特定地域の健康課題に応じた健康教室の開催や管理栄養士・保健師の派遣、課題解決のためのコミュニティ形成などデータ分析による的確な健康増進施策の立案が可能となります。

『健康管理支援ソリューション』の特長

スマートデバイスへの専用アプリ開発が不要

スマートデバイス側に専用のアプリを開発することなく、血圧計などの医療機器と接続が可能

入力画面はHTMLで自在に作成可能

血圧測定画面や問診入力画面は、利用者の運用に合わせた 最適な画面を、HTMLで容易に作成可能

情報漏えい防止に配慮したセキュリティ

血圧情報や問診入力情報はサーバ側に送信するとスマートデバイス側からは全て削除されるため、万が一端末を紛失した場合でも、機微な情報の漏えいを抑止可能

バイタルデータや問診情報を手軽に収集「健康管理支援ソリューション 」の活用事例

事例01福島県双葉郡葛尾村

当社ソリューションを基盤とした見守りきずなシステムの導入で、住民にとって安全安心な村づくりを推進

本ソリューションの基盤となる技術は、旭機工株式会社が開発した「見守りきずなシステム」に採用されており、福島県双葉郡葛尾村に導入されています。
バイタルデータ/問診入力情報とサポートセンターにより「きめ細かな見守り」を実現

関連キーワード