ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

導入検討に向けた課題

AI活用の課題として・・・
実施精度は試さないと判らず、投資がムダになるリスクが存在します。
検査・判定ソリューションなら・・・
数十枚〜百枚のサンプルを利用したプレ検証が実施可能です。

AIプラス 検査・判定ソリューション 導入ステップ

導入方法

画像認識やAI技術に特化した弊社SEがお客さま先に伺い、一緒になってAIモデルの作成からシステム開発/構築、運用までを支援します。

検査判定ソリューション 導入方法

  1. プレ検証:1日〜1週間
    数十枚〜百枚の画像を用いて、AIの適用可否を判断
  2. 実証実験:2〜3か月
    ・本番環境の大量学習データを利用
    ・AIモデルのチューニングを何度も繰り返し(学習データの加工や追加を含む)
    →精度の高いAIモデルを作成(ただし100%ではないため、目標精度や運用カバーを議論)
  3. システム開発:2か月〜
    作成したAIモデルと運用業務適用(判定画面や製造ラインとのシステム連携)に向けたシステム開発を実施
    ※開発の要件は、実証実験期間中にヒアリング
キャプション
項目 価格
プレ検証 個別見積
実証検証 個別見積
システム開発 個別見積
*
価格表の表示価格は「総額表示義務に関する消費税法の特例」に基づき、すべて消費税抜きの価格となっております。別途消費税を申し受けます。

導入に関する補足

プレ検証、実証実験では、弊社SEにて物体認識機能などで培った技術や画像解析などで蓄積した画像処理や機械学習を組み合わせて、対象物にあわせたAIモデル作成をおこないます。

検査判定ソリューション 導入に関する補足

学習〜検証〜評価・再学習を繰り返し、精度を向上

検査判定ソリューション 導入に関する補足

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら

AIプラス

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    ご購入前の商品に関するご質問・ご相談など

    0120-954-536

    受付時間:月〜金(祝祭日を除く)
    10:00〜17:30

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら