ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

お客さまの要件に合う最適なストレージを提案 インフラ基盤構築ソリューション

各種OS、仮想環境、日立のサーバ・ブレードなど、さまざまな技術・製品を手がけ、培ってきた豊富なノウハウを活かしたソリューションです。お客さまの要件に合う最適なストレージを、ワンストップサービスでご提供。ビッグデータの活用、ITインフラの仮想化、BCP(事業継続計画)を、安全かつ堅実に推進できます。

このような課題を解決します!

課題

  • 自社の運用に合ったストレージを導入したい。
  • サーバの統合・仮想化により、統合ストレージへのニーズが高まっている。
  • 事業継続のために、災害対策拠点(遠隔地)へ一元的にデータ退避し、復旧する手段が求められている。
  • ビッグデータなど、大容量のデータを保存し、検索する必要がある。
  • ストレージの導入に、知識やノウハウが無い。
  • ストレージの有用。高度な機能(フラッシュディスク、プロビジョニングなど)を活用しきれていない。
  • 性能、拡張性を考慮したサイジングが困難。
  • 最適なRAID構成の設計、ディスク選択が難しい。
  • 仮想化特有のストレージ設定が複雑。

解決

  • お客さまの要件にあったストレージ環境を提案します
  • 設計から導入まで、ワンストップでのサービスを提供

『インフラ基盤構築ソリューション』の特長

さまざまな環境に対応したストレージの設計、構築を実施します。

各種OS上での設計構築を実施可能

  • Windows、HP-UX、AIX、Solaris、Linux

仮想化環境導入時の最適なLU設計

  • VMWare、Hyper-V、Virtage

日立サーバ、ブレードでの構築

  • BladeSymphony、HA8000

各ベンダのマルチパス機能も対応

  • HitachiDynamicLinkManager、DevieMapper、MPIO

各種冗長化機能設計を考慮した設計〜構築

  • VM-HA、MSFC、OracleRAC、ServiceGuard

バックアップのソリューションも豊富に用意しています。

ストレージベースの各種バックアップ機能設定

  • ShadowImage(筐体内コピー)
  • TrueCopy(筐体間コピー)
  • Copy-on-Write Snapshot(筐体間差分コピー)

テープ媒体へのデータ書込み(TF1100シリーズ)設定

バックアップの自動化対応

  • バックアップスクリプト作成
  • ジョブネットの提供(JP1/AJS環境が前提)

お客さまの要件に合う最適なストレージを提案「インフラ基盤構築ソリューション 」の活用事例

事例01

仮想環境でのストレージ構築

【お客さま要件】
仮想環境(VMWare)のストレージ構築

【システム構成】
ハードウェア:HUS130
ソフトウェア:ShadowImage

【システムの特徴】
各ESXiサーバに複数のゲストOSがインストールされている。
各ゲストOSのディスク領域は、RDM領域とデータストア領域が混在している。
RDMのバックアップをShadowImageで取得する。

事例02

遠隔地バックアップ環境構築

【お客さま要件】
メインサイト災害時は、24時間以内にリモートサイトで事業続行。障害復旧時点は1時間以内。

【システム構成】
ハードウェア:HUS130
ソフトウェア:ShadowImage、TrureCopy

【システムの特徴】
データセンタ内ShadowImage、データセンタ間はTrueCopyにてバックアップ&リストア実施。

関連キーワード