ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

社内のデバイスとオペレーティングシステム、アプリケーションのぜい弱性を管理 ぜい弱性管理ソリューション

すべてのネットワーク内のデバイスと、それらに関連するオペレーティングシステム、アプリケーションのぜい弱性診断を実施し、ぜい弱性を発見します。

このような課題を解決します!

課題

  • 企業の情報セキュリティ上の「弱点(ぜい弱性)」を突いた、サイバー攻撃が心配
  • ぜい弱性対策の量と出処が多すぎて、即対応に踏み切れない

解決

  • サイバー攻撃に対するぜい弱性がどこに存在しているかを早急に特定し、効果的なセキュリティ対策を実施
  • 発見したぜい弱性に対して優先度付けを行い、効果的なセキュリティ対策を提案

『ぜい弱性管理ソリューション』の特長

ぜい弱性診断のコンサルティングを提供

ぜい弱性管理ソリューション内で活用しているTripwire® IP360は、最新のぜい弱性情報を元にぜい弱診断を実施することで、サイバー攻撃に対して早期のぜい弱性対策が可能となります。
既存システムやネットワークに存在するぜい弱性を、「Tripwire® IP360」の資産価値およびぜい弱性スコアを組み合わせた高度な重み付けロジックにより数値化し、ぜい弱性対策の優先順位付けを行います。 それに基づきセキュリティリスクの評価と管理をコスト効率良く実現するセキュリティ対策をご提案します。

Tripwire IP360 システム構成図

Device Profiler

VnE Managerに設定された内容に基づいて、対象のぜい弱性検査対象サーバを診断(プロファイリング)します。

VnE Manager

VnE Managerが診断対象となるネットワークを定義し、最新の診断ツールを各Device Profilerに配信します。 それに基づいて、Device Profilerが診断を実施後、診断結果データをVnE Managerが収集し、台帳化、リスク分析を行いレポート化するアプライアンスです。

ぜい弱性検査対象サーバ

ぜい弱性検査を受けるサーバとなり、Windows、Linux、Solaris、HP-UX、AIX等の各種OSに対応しています。

ネットワーク上のすべてのIT資産を自動検出

自社ネットワーク内にどのようなホスト、アプリケーション、サービス、ぜい弱性があるかを自動検出できます。 それを元にネットワーク全体像を効果的に把握することで、サイバー攻撃に対するぜい弱性がどこに存在しているかを早急に特定することが可能となり、効果的なセキュリティ対策を図ることができます。

包括的なネットワークセキュリティ管理

攻撃シミュレーション型ではないぜい弱性診断を行うため、ネットワークやシステムへの負荷を抑えた監視や管理が可能となり、大規模で分散されたネットワークにおいても迅速な導入と容易な管理を実現します。

関連ソリューション

当社では「新しい生活様式」で生まれる課題への解決策を、さまざまなソリューションで提供します。詳細は、以下のリンクよりご覧ください。

関連キーワード


  • 2021年5月、ソリューション名称をTripwire IP360からぜい弱性管理ソリューションに変更しました