ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

ITの統合運用管理システム JP1/Integrated Management - Service Support

ITIL®(ITインフラストラクチャ・ライブラリ)の考えに基づき、 ITサービス管理でのサービスサポートに沿った運用の負荷軽減、効率向上を目的とした商品です。本商品を使用することで、構築・運用業務の流れをITIL®の考えに基づいて可視化でき、業務に携わる担当者で情報を共有できます。

このような課題を解決します!

課題

  • 担当者が独自で判断しており障害発生時の原因特定に時間がかかる
  • 対応期限が近い問い合わせをすぐに確認できない。
  • 問い合わせの対応に要する稼動を把握できず最適な要員配置ができない。
  • 同類の障害が再発し、ITサービスを安定して供給できない。
  • 責任の所在が不明確であるため、対策が遅れることがある

解決

  • 調査や回答の内容の共有によるサービスデスクの強化
  • 対応状況を管理し運用の状況を把握することで運用力の強化
  • 担当者や承認者を明確にすることで問題の再発率を低下や期限内の確実な対応を実現し、サービスレベルの安定化・向上

『JP1/Integrated Management - Service Support』の特長

作業記録の一元管理

ITIL®サービスサポートの各プロセス(インシデント管理、問題管理、変更管理、リリース管理)の作業を案件として一元管理できます。また、管理項目のカスタマイズやレポート機能により、運用業務の効率化、改善が期待できます。
このような特長により、オンプレミス環境でありながらクラウド環境のような高い拡張性を持ち、可用性にも優れています。

エスカレーション機能

案件の内容に応じて、適切な対応ができるほかのプロセス対応部署にその案件の対応を依頼することができます。

  • 利用開始までの期間が短い
  • 構成済みだから設計・構築の期間が短い

対象に応じた案件の管理

システム全体の案件、または自分が管理するシステムの案件など、自分の権限に応じて、それぞれの案件状況をひと目で把握できます。

メール通知機能

案件の担当者変更時、エスカレーション時に、変更先担当者に自動的にメールで通知できます(メールのタイトル、本文はユーザが設定できます)。作業の分担を支援し、担当者不在による案件の沈み込みを防止します。

案件の検索機能

任意の検索条件を指定して類似の問題や関係する問題を検索できます。また検索項目はカスタマイズできるため、効率よく目的の案件を探すことができます。

ITの統合運用管理システム「JP1/Integrated Management - Service Support」の活用事例

事例01自治体S市 様

JP1 Version 9を利用したインシデント管理で運用管理品質の向上を実現

統合運用管理部門のサービスデスク業務を支援し、運用におけるPDCAサイクルの実現に向けた定量的なインシデント把握のため導入いただきました。
今回の統合運用管理導入は、オープン化対象システムから運用の効率化を目指すこととし、統合された各種システムに関する運用窓口を担う部署より始め、導入によりノウハウの共有、保守性の向上、適切な人員配置を実現しました。