ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

複数システムのスケジュールを連携 PIMSYNC

PIMSYNCは、企業内に存在するグループウェアや営業支援システム(SFA)などの複数システムに分散して登録されている「スケジュール」や「ToDoリスト」を自動的に同期するソフトウェアです。
スケジュール管理機能が提供されている複数のシステムが混在するオフィスにおいて、重複入力の手間や登録内容の矛盾、ダブルブッキングなどのトラブル回避により生産性向上に効果を発揮します。

このような課題を解決します!

課題

  • グループウエア、SFA、CRM、カレンダーなどスケジュール機能を持つソフトを複数使っているため、管理が煩雑になっている。

解決

  • PIMSYNCを使って複数スケジューラの自動同期を行い、重複入力や登録情報の矛盾を回避。組織の業務効率化が図れます。

『PIMSYNC』の特長

ブラウザで簡単操作

管理者メニューから連携サーバー、ユーザー、同期等の設定を行います。また、CSVファイルでの一括設定も可能です。

複数システムのスケジュールをシームレスに連携

利用中のシステムによって項目名称やフォーマットが異なりますが、利用者はその違いを意識せずに同期が可能

スケジュールの同期項目

  • 件名
  • 内容
  • 日時
  • 場所
  • 種別(通常 / 外出 など)
  • 仮予約
  • 終日
  • プライベート

ToDo情報の同期項目

  • 件名
  • 内容
  • 開始日
  • 終了日
  • 期限
  • 重要度
  • 完了率
  • ステイタス(未着手、作業中、完了、延期 など)
  • 定期の予定(日ごと、週ごと、月ごと、年ごと など)
  • 定期の予定の除外日 / 例外日