ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

RPAを活用し、従業員の作業量を削減 RPAソリューション

勤怠管理の強化や意識改革によって労働時間を削減することは可能ですが「仕事の総量」は変わりません。
企業が勤務時間を制限しても、仕事の総量が変わらなければ、結果的には従業員や企業にとっての負荷が増えてしまいます。

このような課題を解決します!

課題

  • 長時間労働を減らしたいが、作業量が多く困難

解決

  • RPA(ソフトウェアロボット)を活用し、従業員が実施する作業量を削減

『RPAソリューション』の特長

自社での導入経験に基づくノウハウ提供

当社での導入・運用実績をもとに、ノウハウや導入事例・効果などを共有いたします。

RPAの導入だけでなく全社適用までをサポート

業務での検証から導入・運用、全社活用活性化までさまざまなサービスメニューで支援します。
サービスメニュー例:対象業務選定/環境構築など
詳しいサービスメニューについてはお問い合わせください。

RPAを活用し、従業員の作業量を削減「RPAソリューション 」の活用事例

事例01社内事務作業への活用事例

当社では、社内事務作業にRPAを活用し、大幅な作業量削減を実現しました。
複数の業務に適用し、トータルの業務時間削減効果は約800時間/月という、高い効果を挙げています。

関連キーワード