ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

安全性と利便性を兼ね備えた認証システム 認証管理ソリューション

働き方改革の推進が進む中、さまざまなデバイスの適正な管理や、認証の強化など、対象を広げた強固なセキュリティ対策が推奨されています。
しかし、情報漏えいや不正アクセスが後を絶たず、外部から利用できるサービスは制限される傾向にあります。
当社はそのような課題を解決するため、W ワンタイム2 要素認証製品「SECUREMATRIX」を活用したセキュリティソリューションを提供します。

このような課題を解決します!

課題

  • パスワードだけでの認証では、漏えいやキーロガー、フィッシングなどで破られる不安がある
  • セキュリティの不安があり、クラウドサービスを利用できない

解決

  • ワンタイムパスワード方式(使い捨てパスワード)のため、固定パスワードと比べてはるかに高いセキュリティ強度を保持
  • Microsoft Office 365やGoogle G Suiteといった主要なクラウドサービス認証に対応しており、クラウドサービス利用時の不安を払拭

『認証管理ソリューション』の特長

デバイス紛失のリスクがない

認証デバイスは、企業のドアを開ける鍵と言えます。外出先での紛失、盗難は、情報資産をリスクにさらすことになります。その点、認証デバイスを必要としない、SECUREMATRIXの「本人認証システム」は、紛失、盗難のリスクがありません。

デバイス管理の負担がかからない

「どのデバイスを誰が持っているのか?」「地方支社や海外拠点の配布は?」「退職者のデバイスの返却は?」・・・など デバイスを利用すると「人」「距離」「時間」の問題が管理者の負担につながります。
SECUREMATRIXは認証デバイスレスのため、管理をする負担がありません。

認証デバイスが不要

持ち運ぶ必要のある認証デバイスは、破損や紛失、電池の消耗などで買いなおす必要があり、維持費用が高くなります。しかし、当社の提供するSECUREMATRIXは認証デバイスレスのため、維持費用がかかりません。

関連ソリューション

当社では「新しい生活様式」で生まれる課題への解決策を、さまざまなソリューションで提供します。詳細は、以下のリンクよりご覧ください。

関連キーワード