ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

「UNIPROVE データ連携基盤」 の機能

統一された画面上での分かりやすい操作画面

Webブラウザ上でデータ連携を実行するため、他部門のシステムや追加されたシステムとの連携も統一された画面上で実行可能。
また、スケジュール設定や実行前後のメール通知、ログ管理など豊富な機能を容易に利用できます。

主な機能

AIプラス AI教育サービス ご利用料金
機能 概要
メニュー別運用設定 連携メニューごとに運用方法を設定します。
代理実行者登録 代理実行権限・参照権限を設定します。
利用者別連携メニュー表示 各利用者が操作できるメニューのみをWeb上に表示します。
実行指示 Web上から連携プログラムの起動を指示します。
連携プログラム実行監視 連携プログラムの実行状況を表示します。
作成データの暗号化およびFTP送信 連携プログラムで実行後のデータを暗号化し、連携先システムにファイルを送信します。
作成データ確認 連携プログラムによって作成されたデータをWeb上に表示します。
メール通知 連携実行の事前・事後に指定アドレスにメールを送信します。
スケジューリング実行 運用設定でのスケジューリングにしたがい、指定日時に連携を実行します。
スケジューリング状況確認 スケジューリングされたタスクを一覧表示します。
ログ管理 実行ログを管理し、Web上に表示。過去ログ・データの参照もできます。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら

カタログダウンロード

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    ご購入前の商品に関するご質問・ご相談など

    0120-954-536

    受付時間:月〜金(祝祭日を除く)
    10:00〜17:30

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら
  • カタログダウンロード