ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

システム開発でのデザイン、操作性に関する悩みを解決 UX/UI開発ソリューション

システム開発の際に「センスの良いUIで興味関心を惹きたい」、「操作性に優れたUIでお客さまの満足度を高めたい」、「いち早く作成した操作画面のイメージで、企画をアピールしたい」などのUX/UIのお悩みはありませんか?
日立ソリューションズ・クリエイトは、お客さまが“システム開発”の中で抱える、【見た目】【操作性】【訴求性】などのUX/UIの課題を「UX/UI開発ソリューション」を通じて解決するお手伝いをします。

  • [UX]UserExperience:製品やサービスを通してお客さま(ユーザ)を満足させる体験。
  • [UI]UserInterface:システム操作時にお客さま(ユーザ)の操作性や満足体験を高めるUXを提供するもの。例)操作画面

このような課題を解決します!

課題

  • 競合他社よりセンスの良い画面にしたい
  • 見映えの良い画面が作れない
  • 仕様書だけでは操作性が判らない
  • サービス提供後にお客さまから使いづらいとクレームがある
  • 営業活動を早く開始して注文を取りたい
  • 製品、サービス提供前にUI画面で訴求したい

解決

  • 魅力的なデザインのUIを提供し、商品価値を向上
  • 繰り返してプロトタイピングすることでユーザビリティを向上
  • 早い画面でUI画面を提案することにより訴求力を向上

『UX/UI開発ソリューション』の特長

30年以上にわたる画面開発の経験でUX/UIの悩みを解決

日立ソリューションズ・クリエイトは、1982年から30年以上に渡り日立グループ製品の画面開発に携わってきました。そして、これらの開発に携わってきた経験豊富な技術者集団を一拠点に集約し、UX/UIに関する開発ノウハウの一本化に取り組んでいます。 こうした取り組みで蓄積された豊富な経験を強みに、当社はお客さまが抱えるUX/UIの悩みを解決するお手伝いをいたします。

これまでの経験を活かしたHTML5大規模開発案件の実績

日立ソリューションズ・クリエイトでは、HTML5標準規格が制定される以前から積み重ねてきた経験や、複数の大規模案件での実績を活かしたHTML5開発が可能です。
2020年末には、Flashサポートが終了します。FlashアプリケーションからHTML5への移行が求められますが、HTML5の大規模開発案件では、JavaScriptと周辺技術に関する幅広い知識と高度な設計スキルが必要です。当社は、これまでいくつもの大規模案件を成功させてきた実績と経験があり、この分野には自信があります。