ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

IoT IoTで活用されるセンサーとは? 種類や特長を徹底解説

IoTには実に豊富な種類のセンサーが利用されています。対象物の動きや変化を検知して何らかのアクションを起こすことは、IoTの重要な機能の一つです。けれども、ではどのようなセンサーがあるのかと問われると、意外に知らないものが多いのではないでしょうか。
IoTでよく活用されるセンサーの種類や特徴について解説していきます。

  1. センサーとは
  2. IoTとセンサーで実現できること
  3. IoTで活用されるセンサーの種類と特徴

センサーとは

センサーとは、状態を計測したい対象に関する情報を収集し、機械や人間が扱いやすい信号に置き換える機能を持った装置や素子のことを指します。日本語では「感知器」などと訳されます。

人間や生物には視覚や聴覚などの感覚器官が備わっていて、それらによって知覚した情報を脳で分析し判断して、対応しています。それと同じように、機械も制御や処理をするための情報をセンサーから得ることができます。機械がセンサーによって得られる情報には温度、湿度、速度、加速度、磁力など多種多様な種類があり、人間の五感よりも幅広く精緻だといえるかもしれません。

センサーによって得た情報の多くは人間が直接読み取るか、判読可能なデータに変換して利用されます。しかし、一方で情報を電気信号などの機械のみが読み取れるものに変換し、人間の関知しないシステム内で処理されるケースも多くあります。

IoTとセンサーで実現できること

センサーはこれまで実にさまざまな分野で活用されてきました。身近なところでは自動車、家電製品、防犯装置、警報機、スマートフォンなどが挙げられます。光や温度などの物理的変化を計測するものだけではなく、人が指で触れていることを感知するタッチパネルや、顔認識や動体認識ができるカメラなどもセンサーの一種です。

産業ロボットにも必ずセンサーが備えられています。電圧センサー、電流センサー、温度センサー、加速度センサーなどがその代表です。そして、IoT製品の開発においてもセンサーは必須のアイテムであり、IoTを構成する重要な要素の一つです。IoT機器とIoTシステムは、センサーがあることによって初めて、対象からの情報を得ることができます。

たとえば、自動的に温度管理・調整をするIoTエアコンには、周囲の温度や湿度を感知するセンサーが搭載されています。工場内で機械設備の稼働情報を収集するIoTシステムには電流センサーなどが組み込まれています。

IoTにセンサーを組み合わせることで、対象のリアルタイム監視、リモート操作、データの収集と蓄積をもとにした解析、収集したデータのビッグデータ化などが可能になります。

IoTで活用されるセンサーの種類と特徴

IoTではどのようなセンサーが活用されているのか、具体的にその種類と特徴を見ていきましょう。

温度センサー

温度センサーは、対象物や対象空間の温度を計測します。食品や食材を適切な温度で管理する、機械の異常な温度上昇を監視するなど、温度センサーの活用範囲は多岐にわたります。温度センサーにはサーミスター、熱電対、測温抵抗体、バイメタル、圧力温度計、放射温度計など多種多様なセンサーが存在します。

湿度センサー

湿度センサーは、大気中や任意の空間内に含まれる水蒸気の比率を計測します。エアコン、冷蔵庫、空気清浄機などの身近なものから、ビルやホテルの空調管理、工場内の特定箇所の湿度調整に使用されるものもあります。電子式の湿度センサーには抵抗式と容量式の2種類があり、いずれも乾湿材料と呼ばれる物質を用いて、ドライ、ウェットの度合いを電気信号に変換します。

加速度センサー

加速度センサーは、単位時間あたりの速度を表す加速度を測定します。加速度を測定すると、物体の傾きや振動などの情報を計測できます。加速度センサーにも多くの種類があり、たとえばMEMS(Micro Electro Mechanical System)と呼ばれる技術を用いた静電容量式などが知られています。

GPSセンサー

GPSセンサーは、全世界的な位置測位システムであるGPSを使ったセンサーです。スマートフォンにも搭載されているのでなじみがあるのではないでしょうか。GPSは約2万km上空を周回しているGPS衛星、地上管制、GPS受信機という3つの要素によって対象の位置を特定します。

ジャイロセンサー

ジャイロセンサーは、角度を検出するセンサーです。加速度センサーとともに、慣性センサーの一種でもあります。ジャイロセンサーは、加速度センサーでは計測できない、回転する動きを検知できます。スマートフォンやデジタルカメラ(手ブレ補正用)などにも使用されています。

圧力センサー

圧力センサーは、圧力を検知するセンサーです。シリコンチップの隔膜に加わる圧力を膜の変形として検出し、電気信号に変換するといった原理で圧力を計測します。給湯器、エアコン、洗濯機、食洗機、空圧計・水圧計・油圧計などさまざまな用途があります。

光センサー

光センサーは、光を検知するセンサーです。紫外線、可視光、赤外線など対象とする光の種類別にセンサーが存在します。物質に光を当てると光電効果と呼ばれる電子の変化が起こります。光センサーはこの光電効果を利用して光を検知します。最も単純な光センサーは、光が遮断されたかどうかを検知するだけのもので、自動ドアの人感センサーなどが該当します。

イメージセンサー

イメージセンサーは、光を電気信号に変換し、像を取得します。イメージセンサーは高度な光センサーの一種でもあります。その代表例はデジタルカメラやデジタルビデオカメラです。デジカメはCMOSやCCDといった撮像素子を介して光を電気信号に変換し、画像を得ています。

距離センサー

距離センサーは、距離を測ります。距離センサーには大きく分けて、光学、電波、超音波をそれぞれ使用する3種類があります。測定対象物に光などを照射し、反射されて戻ってきた光を評価し、距離に換算して出力するというのがその原理です。

振動センサー

振動センサーは、振動を検知するセンサーです。振動センサーは、対象とする物体の変位、速度、加速度を測定できます。

音センサー

音センサーは、音の振動を検知するセンサーです。音の検出を行うセンサーはマイクロホンと呼ばれます。音の大きさや音の高さなどを判別できます。声をテキストに変換する音声認識技術などと組み合わせて、音声入力や音声操作などに利用されています。

センサーの技術や性能は今後もさらに進化し、センサーを組み込んだIoTの活用範囲も広がっていくでしょう。IoTとセンサーの新しい組み合わせが、これまでになかったような製品やビジネスチャンスを生み出す可能性もあります。センサーとIoTのこれからの動きに注目してください。

あわせて読みたい

関連記事はこちら

医療分野におけるウェアラブルデバイス活用

さまざまな情報がデータ化され共有される昨今、生体情報もデータ化して活用する動きが見られます。スマートフォンなどの「持ち運ぶデバイス」ではなく、「身につけるデバイ...

詳細はこちら

ウェアラブルデバイスとは? 企業の活用例も紹介

ウェアラブルデバイスとは、手首や頭など身体に装着して使用するタイプの端末を指します。ウェアラブルデバイスには複数の種類があり、装着する場所や用途などはさまざまで...

詳細はこちら

デジタルツインとは? できることやメリット・デメリットを解説

IoTやAI、5Gなどの普及とともに注目されるようになってきた「デジタルツイン」というワード。製造業の今後の進化を担うカギとなるテクノロジーと見なされ、他分野で...

詳細はこちら

セキュリティ・バイ・デザインの考え方やメリットについて解説

インターネットが発達し、業務・私用を問わず私たちの生活にネットワーク接続はなくてはならないものとなりました。加えて、近年ではIoTの普及もあり、情報セキュリティ...

詳細はこちら

ビッグデータとは? AIやIoTとの関係も合わせて解説

近年、IoTやAIなどの技術の普及により、さまざまなデータの活用が注目されています。そのなかで、ひときわ聞く機会が増えた用語として「ビッグデータ」が挙げられるで...

詳細はこちら

IoTデバイスのセキュリティ脅威と対策

業務の効率化や生産性の向上が期待できるとして、さまざまな業界でIoTの活用が進んでいます。IoTデバイスはネットワーク(インターネット)に接続することから、セキ...

詳細はこちら

IoTデバイスとは? 種類や活用されている分野・事例など

あらゆるモノをネットワークに接続するIoTは、さまざまな業種で導入が進んでいます。IoTを実現するためのデバイスである「IoTデバイス」にもさまざまな種類があり...

詳細はこちら

スマートホスピタルとは? 医療業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)

医療業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)といえるスマートホスピタルが、実現に向けて動き出しています。病院などの医療施設は近い将来、いま以上に高度な医療...

詳細はこちら

「仮想化」とは何か? 仕組みやメリット・デメリットなど

仮想化技術を取り入れてリソースの無駄を省き、コスト削減やセキュリティ強化も実現しているという企業が増えています。今回は、サーバー、デスクトップ、ストレージという...

詳細はこちら

スマートファクトリーとは? メリット・デメリットや今後の展望など

グローバル競争にさらされる製造業にとって、スマートファクトリーの導入は必須であり急務の課題ともいわれています。スマートファクトリーという用語の概要、メリットとデ...

詳細はこちら

どのような被害が発生しているのか? IoTのサイバー攻撃事例

2010年代半ば頃からIoT機器を標的としたサイバー攻撃が発生するようになっています。IoT機器へのサイバー攻撃はどのような被害をもたらすのか、そしてそのような...

詳細はこちら

品質管理徹底のための製造業のトレーサビリティ

さまざまな業界で導入が進んでいるトレーサビリティは、製造業においても商品の品質管理や顧客との信頼性構築のために不可欠なものといわれています。トレーサビリティとは...

詳細はこちら

RFIDとは? 仕組みやメリット・デメリットを解説

電波を使った通信によってタグに格納されたID情報を非接触で読み取る「RFID」。今、その用途が広がりを見せ、業務効率化の推進や新サービスの創出などに活用されつつ...

詳細はこちら

医療のIoT「IoMT」の展望と活用事例

あらゆるモノをインターネットに接続し、ネットワークを介して情報を共有する「IoT」。医療分野では「IoMT(Internet of Medical Things...

詳細はこちら

IoEとは? その概要とIoTとの違いなど

近未来のテクノロジーとして注目されている「IoE」は、従来のIoTを発展させた概念として世界的に注目されています。ここではIoEの概要やIoTとの違い、実際の導...

詳細はこちら

トレーサビリティとは? 重視される業界と技術について解説

物流や製造などの業種では、製品の品質向上や安全性の確保のために「トレーサビリティ」と呼ばれる技術が導入されはじめています。ここでは、トレーサビリティの概要と重視...

詳細はこちら

無線モジュールとは? IoT機器に組み込むメリットと注意点

多くのIoT機器が備えている無線通信機能。しかし、IoT機器の開発とあわせて無線回路をチューニングし、無線を可能にするソフトウェアを新規設計するには専門的なノウ...

詳細はこちら

IoTと5Gを組み合わせるメリットとは?

IoTと5G、この2つはしばしば同時に語られることの多い技術です。両者を組み合わせるとどのようなメリットが生まれるのでしょうか。IoTと5Gの関係性や、今後、両...

詳細はこちら

IoTプラットフォームとは? 概要や選び方を解説

IoT(モノのインターネット)は急速に進化し続けています。IoTプラットフォームを提供する国内外のベンダーも増え、企業がIoTを導入し活用しようと考えたときのハ...

詳細はこちら

予防保全とは? IoT活用で実現できること

工場の生産ラインで使用する機械設備の故障を事前に予測し、計画的に点検や部品交換などを行うのが「予防保全」と呼ばれる保全方法です。そしてIoT時代を迎えたいま、予...

詳細はこちら

IoT時代のキーテクノロジー「エッジコンピューティング」とは?

膨大なデータが行き交うIoT時代において、従来のクラウドコンピューティングに加えてその必要性が高まっているのが「エッジコンピューティング」です。エッジコンピュー...

詳細はこちら

製造業に大きな変化をもたらすIIoT(インダストリアルIoT)とは

IoTが世間で注目される一方で、産業界において非常に重要な意味を持つ概念として捉えられているのが「IIoT」です。IIoTの概要や、IIoTが製造業に対してもた...

詳細はこちら

IoTとm2mの違いとは? 基本をしっかり押さえよう

ここ数年、IoTという言葉はニュースなどで見かける機会が増え、急速に世の中に広まりました。では、M2Mについてはどうでしょうか。M2Mの概要を知ると、IoTとの...

詳細はこちら

製造業でIoTを活用する際に大切なセキュリティ対策

IoTを工場に導入して成功している事例が増えています。しかし、その際に注意しなければならないのがIoTを活用したシステムに対するセキュリティ対策です。どのような...

詳細はこちら

IoTのメリットと分野別の活用事例

IoTは私たちにどんなメリットをもたらし、どんな分野で活用され、今後どのように発展していくのでしょうか。今回はIoTについて、分野別の活用事例を中心にご紹介しま...

詳細はこちら

日本の産業を支えるIT・ICT・IoTの違いとは?

IT、ICT、IoT……いずれも日本の産業を支える技術分野を表す重要な言葉です。これらの用語について大まかには意味を理解できていても、それぞれの違いや関わり合い...

詳細はこちら

インダストリー4.0とは? IoTとの違いについても解説

「インダストリー4.0」は、IoTとも関連性が高く、日本における今後のものづくりの方向性を左右する重要な用語と言われています。インダストリー4.0とは何なのか、...

詳細はこちら