ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

ほかのWi-Fi規格と何が違う? Wi-Fi6とは?

ほかのWi-Fi規格と何が違う? Wi-Fi6とは?

Wi-Fiは「Wi-Fi6」という新しい規格へと世代交代する時期を迎えています。Wi-Fi6とはどのような規格で、これまでのWi-Fiとは何が異なるのでしょうか。Wi-Fi6の概要と知っておくべきポイントについて説明します。

Wi-Fi6とは

Wi-Fi6(ワイファイシックス)とは、無線LAN規格であるIEEE 802.11シリーズの普及促進や、「Wi-Fi」というブランド名の認証業務を担っている「Wi-Fi Alliance(アライアンス)」という業界団体によって命名された、最新世代(第6世代)のWi-Fiの呼称です。正式な規格名は「IEEE802.11ax」であり、2014年に策定された「IEEE802.11ac」に続く規格にあたります。

そもそも無線LANの規格は標準化団体である「IEEE(米国電気電子学会)」が策定しています。そしてIEEEが策定した規格に対応した機器を認定しているのがWi-Fi Allianceです。

これまで無線LAN規格の規格名は、ずっと「IEEE 802.11」の末尾にアルファベットを加える形で決められていました。Wi-Fi6も規格名については同じなのですが、一般になかなか浸透し難いIEEE802.11axとは別に、認知度が上がってきたWi-Fiという名称を冠した新しい呼称が使用されることになりました。いわばWi-Fi6は、Wi-Fi AllianceによるWi-Fiの新しいブランド展開を推進するための名称といえます。

Wi-Fi Allianceでは、2020年末までに16億台のWi-Fi6対応デバイスが出荷されると見込んでいます。2019年10月現在、すでに一部のWi-Fiルーターやスマートフォンなどの製品が対応しており、AppleのiPhone 11シリーズもWi-Fi6をサポートしています。

Wi-Fiの呼称と正式名称

Wi-Fiを冠した呼称と、IEEE 802.11の正式名称の関係について整理しておきましょう。Wi-Fi Allianceによって、Wi-Fi6だけではなくWi-Fi4とWi-Fi5という呼称を使用することも発表されています。Wi-Fiを冠した呼称については、それ以前のナンバリングはありません。


世代 規格 策定時期 周波数帯 最大速度 新呼称
1 IEEE 802.11 1997年6月 2.4GHz帯 2Mbps -
2 IEEE 802.11a 1999年10月 5GHz帯 54Mbps -
2 IEEE 802.11b 1999年10月 2.4GHz帯 11Mbps -
3 IEEE 802.11g 2003年6月 2.4GHz帯 54Mbps -
3 IEEE 802.11j 2004年12月 5GHz帯 54Mbps -
4 IEEE 802.11n 2009年9月 2.4GHz/5GHz帯 600Mbps Wi-Fi4
5 IEEE 802.11ac 2014年1月 5GHz帯 6.9Gbps Wi-Fi5
6 IEEE 802.11ax 2020年頃 2.4GHz/5GHz帯 9.6Gbps Wi-Fi6

Wi-Fi6の基本性能とほかのWi-Fi規格との違い

Wi-Fi6の最大速度は9.6Gbpsと、Wi-Fi5の約1.4倍速くなっています。これだけ見ればさほど大幅な速度アップではないような印象ですが、実はWi-Fi6は従来のように最大速度を追求するのではなく、通信品質の向上に注力した規格となっています。ユーザーが体感できる実効速度とスループット(一定時間あたりのデータ転送能力)は、Wi-Fi5の4倍以上改善される可能性があります。ちなみに、Wi-Fi5の実効速度は800Mbps程度といわれています。

使用周波数は2.4GHzと5GHz帯の2つで、デュアルバンド同時接続に対応しています。また、Wi-Fi6の実効速度とスループット向上に大きく貢献するのが、周波数帯の利用効率を高める「MU-MIMO」(MultiUser-MIMO:Multiple Input Multiple Output)や、1チャネルの帯域を複数のユーザーに割り振って使用できるようにする「OFDMA:Orthogonal Frequency Division Multiple Access」(直交周波数分割多重)といった機能です。これらによってこれまで以上に多数の端末を同時接続し、高速に通信することが可能となっています。

Wi-Fi6の特長

Wi-Fi6の特長は、高速通信を同時接続して安定して実現できる点にあります。多数のユーザーが存在する高密度の環境でも、それぞれの平均スループットの低下を最小限に抑えることができます。多くのデバイスを一つのルーターに接続しても通信が不安定にならず、遅延も少ないということです。

「Wi-Fi=高速」と思われている現在でも、あまりに多くの端末をWi-Fiにつなげていると接続が遅く感じることがあるはずです。自宅やオフィスに最大速度1Gbps(やそれ以上)の光回線を引いていても、有線LANで接続していない限り、Wi-Fiがボトルネックとなって手元の端末で使用する場合の速度は落ちてしまうものです。

しかしWi-Fi6であれば、こうした問題が一挙に解決する可能性があります。PCやスマートフォン、ゲーム機などばかりでなく、多数のIoTデバイスが接続しているような状況にも対応できる環境が整います。工場、病院、大学、駅、空港、スタジアムなどでもWi-Fi6が活用されていくでしょう。

さらに、Wi-Fi6は省電力化という面でも優位性を持っています。これはOFDMAなどに消費電力を削減する効果があるためです。Wi-Fi6で接続する端末のバッテリー消費が抑えられるため、この点でもIoT端末との親和性の高さが期待できます。

Wi-Fi6と5Gは共存できる? それぞれの特徴とは

Wi-Fi6の普及と時を同じくして、5G(第5世代移動通信システム)という次世代ネットワークも新しく登場しています。通信速度の向上、同時接続の範囲拡大などの特徴は似ており、5G普及後にWi-Fi6は必要なのかといった議論もあります。

Wi-Fi6と5Gの大きな違いとしては、5Gは通信事業者が得た免許によって運用されており、Wi-Fi6は免許が不要だという点があります。そして現在のところ、5Gだけを利用して通信をするには、端末ごとの契約でコストがかさむといった心配があります。その点Wi-Fi6であれば、気軽に設置できるうえ、オフィスで端末数が増えても大きな負担にはならないといった面があります。

しかしWi-Fi6は、屋外、特に移動中での使用には向いていません。こういった双方の特徴にしたがって、お互い補完し合う形で共存を続けるだろうというのが現在の考え方としてはあります。

Wi-Fi6と5Gが普及すれば、いつでもどこでも高速通信が可能になります。そのことによるビジネスチャンスの広がりにも目を配っていくべきでしょう。

※Apple、iPhoneはApple Inc.の商標です。
※Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です。
※IEEEはThe Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.の商標です。