ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

オンラインサービス
「サイバーセキュリティトレーニング」を販売開始

講義動画と質疑応答可能な双方向のライブ中継により、セキュリティ人財のスキル向上を強力に支援

2020年11月17日
株式会社日立ソリューションズ・クリエイト

 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト(本社:東京都品川区、取締役社長:竹田 広光/以下、 日立ソリューションズ・クリエイト)は、企業におけるセキュリティ人財の育成を目的に、セキュリティやハッキングに関し高度な知識をもち、EC-Council(*1)の認定資格CEH(*2)を保有する当社の専任技術者(以下、ホワイトハットハッカー)が講師を務めるオンラインサービス「サイバーセキュリティトレーニング」を本日から販売開始します。

*1
EC-Council:電子商取引コンサルタント国際評議会
*2
CEH:Certified Ethical Hacker(認定ホワイトハッカー)

 近年、企業は高度化・巧妙化するサイバー攻撃に対して、セキュリティ体制の構築・強化が求められています。また「新しい生活様式」(ニューノーマル)の実現に向けて急速にデジタルシフトが進んでいます。
 しかしながら、「業務繁忙でトレーニングを行う余裕がない」、「適切な教材や講座がない」といった理由から、企業におけるセキュリティ人財の育成が進まない状況にあり、セキュリティ体制の構築・強化が喫緊の課題になっています。

 日立ソリューションズ・クリエイトは、自社に高度なセキュリティ技術を有するホワイトハットハッカーを擁し、企業のシステムのセキュリティ強化に向けた診断や訓練等を実施する「サービス系ソリューション」と、セキュリティシステム構築・導入、技術サポート保守、運用までを行う「製品系ソリューション」で構成するセキュリティソリューションをラインアップし、お客さまにとって最適なソリューションをワンストップで提供しています。
 このたび、販売を開始する「サイバーセキュリティトレーニング」は、当社のホワイトハットハッカーが講義する動画の配信に加え、双方向のライブ中継によりリアルタイムに質疑応答が可能な新しいスタイルのトレーニングサービスです。受講者は業務の都合に合わせて動画で繰り返し学習できるほか、疑問点はライブ形式の質疑応答にて解決できるため、理解を深め、定着させることが可能です。
 具体的には、受講者に脅威の体験を踏まえて現場での対策につなげてもらうために、マルウェア感染やサイバー攻撃時の動きを録画した映像による疑似体験やセキュリティアナリストと講師による脅威対策をテーマとした対談など、充実の動画内容となっており、知識習得だけでなく、実践的なセキュリティ対策ができる人財の育成を支援します。
 今後、調査や解析などの演習の拡充も予定しており、確かなセキュリティ技術の習得、企業のセキュリティ体制の強化に貢献していきます。

「サイバーセキュリティトレーニング」のレベル

サイバーセキュリティトレーニングのレベル

「サイバーセキュリティトレーニング」の特長

1. 当社のホワイトハットハッカーによる実践的なカリキュラム

 サイバーセキュリティに精通した当社のホワイトハットハッカーが、教材の作成・講義を行います。講義には、マルウェアやサイバー攻撃の疑似体験も含まれており、現場ですぐに役立つノウハウやスキルを体験しながら習得することができます。

2. 動画配信とライブ中継を融合した新たなスタイル

 講義動画は一定期間繰り返し再生可能なため、不得意な部分の復習など、自分のペースで学習することが可能です。また、それぞれのカリキュラムはいくつかの短時間の講義動画で構成され、PC、スマートフォン、タブレットで受講できるため、業務の合間でも学習することが可能です。
 講義動画の受講後、別途ライブ中継により、リアルタイムな質疑応答が可能なため、疑問点をその場で解決・定着させることが可能になります。
 このような動画配信とライブ中継を融合した新たなスタイルにより、学習効果を高めることが可能です。

3. セキュリティアナリストによるセキュリティトレンドの解説

 講義の中で、日立グループにおいてマルウェア解析をしている現場の研究者や、サイバー攻撃の対応をしているセキュリティアナリストと当社のホワイトハットハッカーによるセキュリティの最新情勢を交えた対談など、充実した内容を提供します。

コース内容

 企業・組織を対象に、セキュリティご担当者(初級者)およびサイバーセキュリティについて学びたい方に、サイバー攻撃を受けた時の対応にフォーカスした入門・初級のトレーニングを用意しています。サイバーセキュリティの基礎知識がない場合でも、入門レベルから安心して受講いただくことが可能です。今後、中級・上級レベルのコースの追加、トレーニングコースの拡充を図っていく予定です。

キャプション
レベル コース名 コース概要 価格
(税別)
入門 情報セキュリティ対策(基礎) 情報セキュリティの基本的な概念と対策技術を習得できます。
身近な脅威を実際に映像で体感しながら、脅威を見分けるための着眼点や、初動対応について学べます。
25,000円
初級 マルウェア対策(基礎) マルウェアの一般的な種類とその対策技術を習得できます。
代表的なマルウェアの挙動を映像で体感しながら、攻撃者の手順を学び、脅威からの防御という考え方を学べます。
25,000円
初級 脆弱性対策(基礎) 一般的な脆弱性の危険性とその対策技術を習得できます。
脆弱性をついた攻撃例を映像で体感しながら、攻撃者の手順、それぞれの攻撃段階における防御について学べます。
25,000円
初級 サイバー攻撃対策(基礎) サイバー攻撃の一般的な種類とその対策方法を習得できます。
サイバー攻撃の手順を映像で確認しながら、サイバーキルチェーンの攻撃行動、必要になる「技術」「人」「組織」それぞれの対策について学べます。
25,000円
各コースは、講義動画(約3時間、視聴期間1ヶ月)+ライブ中継によるリアルタイムな質疑応答(約1時間)を予定しています。
また、講義動画は、10〜15分程度の動画で構成されています。
動画配信のみのコースも用意しております。詳細は、製品紹介ページをご確認ください。
https://www.hitachi-solutions-create.co.jp/solution/security_training/index.html
価格表の表示価格は「総額表示義務に関する消費税法の特例」に基づき、すべて消費税抜きの価格です。
別途消費税を申し受けます。

提供開始日

2020年12月1日(予定)

販売目標

2023年度までに売上累計2億円

製品・サービスに関するお問い合わせ先

担当部署:インサイドセールス部 担当:曽根、宍戸
E-mail:hsc-contact@mlc.hitachi-solutions.com
URL:https://www.hitachi-solutions-create.co.jp/contact/solution.html

報道機関からのお問い合わせ先

担当部署:コーポレート・コミュニケーション部 担当:菅野、大居
E-mail:hsc-koho@hitachi-solutions.com

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    ご購入前の商品に関するご質問・ご相談など

    0120-954-536

    受付時間:月〜金(祝祭日を除く)
    10:00〜17:30

  • お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536
  • お問い合わせ 資料請求はこちら