ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

ACMS

EDIシステム構築ソリューション

EDIシステムにおいて、このようなお悩みはありませんか?

取引先との受発注において、取引先ごとの端末の増加や変換コスト、運用負担の増加でお困りではありませんか?

EDIシステム構築ならACMS

ISDN(INSネット)終了を見据えたEDIシステムの対応が必要

NTT東日本/西日本では、2024年にISDN提供を終了すると発表しています。
ISDNが終了になると電話回線を利用したEDI(従来型EDI)が利用不可となり企業間取引ができなくなってしまうため、企業ではインターネットEDIへの対応が必須となります。
しかし、複数の取引先で従来型のEDIとインターネットEDIが混在していると、取引先ごとのフォーマット対応や端末台数、運用コストなどの課題が出てきます。当社では、そのような課題に対して「ACMS」を活用したEDIシステム構築ソリューションを提供します。

その他のよくあるお悩み

多端末現象
取引先毎に専用の端末を設置しなければならない
変換コスト
取引先毎に異なる形式のデータを自社システム用のデータ形式に変換しなければならない
運用負担
回線増設や運用保守に担当者の負担が大きい
金融機関とのEDIの決済高度化対応が必要
金融機関からインターネット型EDIによる決済高度化対応を求められている

EDIシステム構築ソリューション ACMSとは?

ACMSシリーズは、企業間のEDI取引や企業内のデータ連携に最適化されたプロダクトです。
新たにエンタープライズ・データ連携基盤 「ACMS Apex」が加わり、さらに高いセキュリティと高可用性を備えたEDI/データ連携基盤を提供します。
国内外の標準プロトコル、Web-EDIやメールEDIなどさまざまなEDIプロトコルの統合管理はもちろん、グローバル、クラウド、多拠点に散在するデータの連携も、Oneパッケージで実現できます。
また、ACMS Apexでは高セキュリティ、高可用性に加え、サービスプロバイダやグループ企業間での運用に適したテナント管理機能や独自のデータ連携を実装しています。
また、金融機関のEDI(ZEDI)ではインターネット型に対応したEDIにいち早く対応しています。(決済高度化) ACMSでは、決済高度化に対応したモジュールを持っているためスムーズな対応が可能です。

お問い合わせ、資料請求はこちらから

ご相談やお見積、資料のご請求はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせご購入前の商品に関するご質問・ご相談など 0120-954-536

お問い合わせ 資料請求はこちら