ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

EDIシステム構築をご提案 ACMS

ACMSシリーズは、企業間のEDI取引や企業内のデータ連携に最適化されたプロダクトです。
新たにエンタープライズ・データ連携基盤 「ACMS Apex」が加わり、さらに高いセキュリティと高可用性を備えたEDI/データ連携基盤を提供します。

また、NTT東日本/西日本では、2024年にISDN提供を終了すると発表しています。
ISDNが終了になると電話回線を利用したEDI(従来型EDI)が利用不可となり企業間取引ができなくなってしまうため、企業ではインターネットEDIへの対応が必須となります。

このような課題を解決します!

課題

  • 複数の取引先で従来型のEDIとインターネットEDIが混在しているため、取引先ごとの端末設置データ変換コスト、運用負担が増加している

解決

  • データ交換の場面でのフォーマットの違いを吸収する汎用フォーマット変換ツールを提供

『ACMS』の特長

従来型EDIからインターネットEDI、Web-EDI、メールEDIまで幅広いプロトコルに対応

従来型EDI

  • 全銀手順
  • 全銀TCP/IP手順
  • JCA手順
  • FTP

インターネットEDI

  • JX手順
  • ebXML/MS(流通BMS)
  • ebXML MS(NACCS)
  • ebXML MS 3.0(JEITA)
  • EDIINT AS2
  • RosettaNet
  • SFTP
  • Chem eStandards
  • 全銀協標準通信プロトコル
  • OFTP2
  • 同期型HTTpクライアント
  • メールEDI

その他

  • BACREX手順
  • ACMS Web/deTrade II
  • ACMS WebAgent

EDI業務の安定稼働のためのACMS運用監視

監視機能

  • 稼働記録監視
  • ACMS監視
  • メールサーバ設定
  • メールテンプレート編集設定

EDI運用支援機能

  • 正常通信結果CSV出力
  • 通信トランザクション滞留一覧
  • APトランザクション滞留一覧
  • 回線使用状況一覧
  • 通信実績一括ダウンロード
  • 通信予実一覧

コンサルティングから構築・通信テストまでをソリューションとして提供

充実したソリューションメニューで、EDIサーバ構築作業を全面サポートいたします。

EDIシステム構築をご提案「ACMS」の活用事例

事例01薬品メーカ

全社規模の情報システム全体の集中管理を推進し、「バッチJOBの自動化」「データの送信・受信の自動化」「帳票の自動化」による人手操作の解消を実現。

事例02化成品メーカ

ファイル形式を意識することなく取引先とのデータ集配信及びR/3とのデータ受け渡しを実現。R/3インターフェースを使用することにより、R/3側で受信結果を検知することが可能。

事例03鉄道会社

ホストシステムからオープン系システムへの移行により、運用コストが軽減。グループ企業のEDIを統合。業務の標準化を実現。WEB運用画面により運用操作性が向上。
ファイル形式を意識することなく取引先とのデータ集配信及びR/3とのデータ受け渡しを実現。R/3インターフェースを使用することにより、R/3側で受信結果を検知することが可能。

関連ソリューション

当社では「新しい生活様式」で生まれる課題への解決策を、さまざまなソリューションで提供します。詳細は、以下のリンクよりご覧ください。

関連キーワード