ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

IT資産の適切な管理とセキュリティ対策 PCの資産管理とセキュリティ対策(統合システム運用管理)

増大・複雑化するIT資産の棚卸しや入替え作業は多大な労力や時間を要します。
特に各フロアや遠隔地の拠点に点在するクライアントパソコンの管理では、実態の把握が困難な中でソフトウェアの入替え、パッチの適用、ライセンスの管理を実施しなければなりません。
日立ソリューションズ・クリエイトでは、これらの問題を以下の観点から解決します。
これによりパッチ適用やソフトウェア入替えは管理端末から自動化するため、管理者のみの作業で実施可能です。クライアントパソコンがある各フロアや遠隔地の拠点に出向く必要がありません。

このような課題を解決します!

課題

  • 組織内パソコンの更新プログラムが正しく更新されているか把握できない
  • 社内のソフトウェアライセンスの一元管理ができていない

解決

  • インストールされているソフトウェア情報収集により資産状況を管理
  • ソフトウェアの保有ライセンス・使用ライセンスを一元管理しライセンス違反を防止

『PCの資産管理とセキュリティ対策(統合システム運用管理)』の特長

クライアントパソコンへの指定ソフトウェアを配信

システム管理者側で配布タイミングをスケジューリングすることで、クライアントパソコン利用者への影響を最小限に抑えたソフトウェア配信が可能です。また、配布先を柔軟に指定できるため、ソフトウェア資産を有効に活用することができます。

ソフトウェアライセンスの使用状況を一元管理

クライアントパソコン利用者に影響を与えず、インストール適用状況などの情報を取得することができます。クライアントパソコンのソフトウェアインストール状況をシステム管理者から把握できるため、社内ポリシーに違反しているクライアントパソコンを容易に特定できます。

複数拠点の資産を一元管理

複数の拠点に存在しているパソコンを管理する場合、ソフトウェア配布や資産情報の収集を拠点単位に実施し、中央にて一元管理を行うことも可能です。